【カーポートのメリット・デメリット】必要かどうか徹底解説!

2020年3月18日

カーポートは本当に必要?メリット・デメリットを徹底解説

新築マイホームを建てるとき

  • カーポートって必要かな?
  • カーポートのメリット・デメリットを知りたい
  • わざわざ高いお金を出して設置する意味はある?

 

このように悩んでしまいますよね?

結論からお伝えすると、カーポートを設置することをおすすめします。

 

その理由を以下の表にまとめました。

メリット
  • 汚れなどから車を守ってくれる
  • 雨の日に濡れずに乗り降りが可能
  • 夏場でも車の中が暑くなりにくい
  • 車に雪が積もることがなく、雪かきの必要がない
デメリット
  • 駐車をするときに柱が邪魔
  • 屋根のせいで圧迫感がある
  • 設置費用が高額になることも

 

ここで簡単な自己紹介をさせてください。

きょう

  • 住宅営業を5年間、40組以上のお客様のお家づくりをお手伝い
  • 宅建、CAD検定2級も保有
  • 自分もマイホームを購入

 

そこで本記事では、自身の経験を活かし以下2つについて詳しくご紹介します。

  • カーポートを設置するメリット・デメリット
  • カーポートは必要か

 

カーポートの設置で悩んでいるあなた、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

まだ外構業者が決まっていないあなたへ

「カーポート工事の見積もりを1社だけに依頼しようとしていませんか?」

それはとても"キケン"です。

なぜなら、同じようなプランなのに見積もりに100万円以上の差があることが「頻繁に」あるからです。

建築会社をいくつか下見して決めたように、外構も複数社に依頼するのが鉄則

タウンライフ リフォーム」というサイトを利用すれば、一括で複数の業者に「プラン」と「見積り」を依頼してくれ、自宅に郵送してくれます。

しかも”無料”で、しつこい営業なども一切なく、スマホから簡単に申込ができます。

”家の顔”といわれるほど大切な外構工事で失敗したくない方は、ぜひ利用してみてくださいね。

\外構プランと見積りを”無料”で作ってもらえる/

>>タウンライフ リフォームの無料の外構プラン作成はこちら

 

 

カーポートのデメリット

カーポートデメリット

カーポートのデメリット

 

カーポートには多くのメリットがありますが、先に3つのデメリットからご紹介します。

  1. 駐車をするときに柱がジャマになる
  2. 屋根のせいで圧迫感がある
  3. カーポートの設置費用が高額になる場合も

 

それでは詳しく解説します。

カーポートのデメリット①駐車をするときに柱がジャマになる

リクシルのカーポート (1)

出典:リクシル ネスカR

 

一般的なカーポートは上記の写真のように四隅を柱で支えるため、柱がジャマになり駐車がしづらくなります。

運転が苦手な方にとっては大きなデメリットになることも。

 

ですが、解決策もありまして以下写真のような柱が2本だけのカーポートもあります。

(出典:リクシル アーキフラン特長)

 

柱2本をガッチリ固定するために、地面に基礎を打つなど費用が少しかかります。

ですが、見た目もスタイリッシュでかっこよく、2本の柱が後方にあるだけなのでビックリするほど駐車のストレスがなくなります。

きょう
我が家もこのカーポートにして、駐車が苦手だった妻が「すっごい楽」と、大満足しています。

 

カーポートのデメリット②屋根のせいで圧迫感がある

リクシルのカーポート ネスカF

出典:リクシル ネスカF

 

今まで上を見上げれば青空だったのが、カーポートは屋根があるため、どうしても視界がさえぎられてしまいます。

屋根も大きいため「開放感」は失われてしまいますよね。

 

とはいえ、カーポートに求めているのは「開放感」よりも「機能面」や「快適性」ではないでしょうか。

 

圧迫感が出るからといって生活がしづらくなることはありません。

それよりも屋根があることで

  • 雨に濡れないので乗り降りが楽
  • 雪が積もらないので雪かき不要
  • 鳥の糞などで車が汚れない

 

上記のように、日々の生活が快適になるほうがうれしいですよね。

 

カーポートのデメリット③設置費用がかかる

カーポートの値段は種類によってピンキリですが、高いもので50万円以上するのもあり、決して安いお買い物ではありません。

「カーポートはほしいけど高そう。安く設置できたらいいんだけど…」

と、『費用面』で設置をためらう方が多いのも事実。

 

そのため、カーポートを含めた外構工事は、住宅会社を選ぶのと同じように複数の会社に相見積もりをとって比較することが大切です。

でも、住宅会社とちがって外構業者はよく知らないし、どこに見積もりを取っていいのかわからないよ。

 

と、思われたかもしれません。

そこで便利なのが「タウンライフ リフォーム」というサイトです。(「リフォーム」と付いてますが新築の外構工事がメインなので安心してください。)

 

「タウンライフ リフォーム」では、「見積り」「外構のプランニング」などをあなたに代わって複数の外構業者に依頼してくれるサイトです。(しかも”無料”で。)

 

登録されているのは国の厳しい基準をクリアした外構業者のみなので、悪質な業者に出会うことはなく安心して利用できます。

きょう
"無料"なので、気になっている業者から返事が来ないこともあります。

 

ですが、一括で複数の外構業者に見積もり依頼ができるので、利用しないのは本当にもったいないです。

 

「カーポートを設置したいけど費用が心配…」という方は、スマホから5分ほどでプラン作成と見積もりを無料で依頼できる「タウンライフ リフォーム 」を、ぜひ利用してみてください。

>>タウンライフ リフォーム公式サイトはこちら

 

カーポートのメリット

カーポートのメリット

 

カーポートの設置をおすすめする理由は、以下4つのメリットがあるからです。

  1. 汚れなどから車を守ってくれる
  2. 雨の日に濡れずに乗り降りが可能
  3. 夏場でも車の中が暑くなりにくい
  4. 車に雪が積もることがなく、雪かきの必要がない

 

一つずつご紹介します。

カーポートのメリット①汚れなどから車を守ってくれる

カーポートは屋根があるので「雨・雪・鳥のフン・」などから車を守ってくれるので汚れにくいです。

つまり、車が汚れにくくなれば、ワックスがけや洗車の回数が大幅に減るので維持・管理の負担がグッと減ります。

特に、以下に当てはまる方はカーポートを設置する価値は大いにありますよ。

  • 車いじりの趣味はない
  • 洗車はできるだけしたくない
  • でも、それなりにキレイな状態を保ちたい

 

きょう
「花粉」も付きにくく、「霜(しも)」も降りにくくなるので洗車の手間が大きく省けますよ!

カーポートのメリット②雨の日に濡れずに乗り降りが可能

ここで少し思い出してみてください。

雨の日に買い物から帰宅し、傘をさしながらお子さんを車から降ろした経験はありませんか?

これが意外と大変なんですよね。

 

ですが、カーポートがあれば雨に濡れないので傘をさす必要もなく、お子さんや荷物を降ろすときに焦る必要がありません。

 

特に小さなお子さまがいるご家庭では助かる場面が多いですよ。

きょう
2歳の我が子はすぐに車から降りてくれないので、雨の日は本当に助かっています!

 

カーポートのメリット③夏場でも車の中が暑くなりにくい

近年、日本の夏は猛暑日が続いています。

炎天下の元に置いてある車に乗るのは苦痛だと感じたことありませんか?

暑い日は車内のチャイルドシートも熱くなり、お子さんは乗るのをイヤがったり、泣いたりすることもありますよね。

 

ですが、カーポートがあれば車内の暑さも軽減することができます。

 

カーポートの屋根には「熱を通しにくい材質」のモノがあるんです↓

リクシルの熱線吸収ポリカーボネート

(出典:リクシル スピーネ 進化した屋根パネル)

 

カーポートの屋根を上記商品にするだけで、なんと熱線を36%もカット。

 

さらに、グレードアップの「熱線遮断FRP (DRタイプ)」にすれば、熱線を約70%もカットし、紫外線はほぼ100%カットしてくれます

熱線を約70%もカットし紫外線はほぼ100%カット

 

標準の材質に比べ追加で1万円ほど費用はかかりますが、天井の材質を変えるだけで暑い夏も快適に車に乗ることができます。

きょう
車内が冷えるまで待たなくていいので、時間とお金の節約もできて一石二鳥ですよ。

 

カーポートのメリット④車の上に積もった雪を落とさなくていい

寒い冬の日、雪が車の上に積もったり、フロント窓が凍ったりしていると…

  • 寒い中での雪かき作業
  • 凍った窓を溶かすのに時間がかかる

など、忙しい朝にすぐ仕事へ向かえないのは大きなストレスです。

ですが、カーポートがあれば雪が積もったり、窓が凍ることもないので、余分な作業は不要になりすぐに仕事へ向かえます。

 

この章をまとめると

ポイント

  1. 汚れなどから車を守ってくれる
  2. 雨の日に濡れずに乗り降りが可能
  3. 夏場でも車の中が暑くなりにくい
  4. 車に雪が積もることがなく、雪かきの必要がない

上記4つのメリットから、カーポートの設置をおすすめします。

 

カーポートが必要かどうかは家の間取り作成から考える

カーポートが必要かどうかは間取り作成時から考える

 

先ほどの章でもお伝えしたように、カーポートの4つのメリットから設置するのをおすすめします。

ただし、カーポートが必要かどうかは家の間取りを決めるときに同時に考えてください。

通常、カーポートの設置は「外構工事」で行うため、家が完成してから考えれば良いと思われるかもしれませんがそれは大きな間違いです。

なぜなら…

  • 新築引き渡し後にカーポートを2台分設置しようとしたがスペース的に1台分しか設置できない
  • 外構費用を含めた資金計画をしていなかったので資金不足や予算が大幅にオーバーする
  • 家の工事と同時にやれば余計な工事の手間や追加費用が発生する

 

など、思わぬトラブルが発生し思うような外構工事ができない可能性があるからです。

 

なので外構工事は家の間取りを作成するとき、いっしょに考えると失敗がありませんよ。

 

まとめ:カーポートはデメリットよりメリット多数【設置することで日々の生活が快適になる】

最後に、カーポートのメリット・デメリットを以下表にまとめました。

メリット
  • 汚れなどから車を守ってくれる
  • 雨の日に濡れずに乗り降りが可能
  • 夏場でも車の中が暑くなりにくい
  • 車に雪が積もることがなく、雪かきの必要がない
デメリット
  • 駐車をするときに柱が邪魔
  • 屋根のせいで圧迫感がでる
  • 設置費用が高額になることも

 

カーポートにはデメリットはあるものの、それ以上に日々の生活が楽になったり快適になるメリットが多数あるので、設置することをおすすめします。

家が建った後に「思っていたカーポートが設置できない。」とならないためにも、家の間取り作成するときからいっしょに考えるのも大切ですよ。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

すでに新築マイホームを引き渡してもらった方は、申請するだけで400万円以上のお金がもらえるのを知っていますか?

あわせて以下の記事もお読みください。

参考 【必見】新築完成後に必ずもらえる補助金まとめ。知らないと400万円以上損するかも!?

 

 

【カーポートの設置(外構工事)で絶対に失敗・後悔したくない方へ】

建築会社から紹介してもらう外構業者は紹介料分で高いって聞くから自分で外構業者を探したいけど、どうやって見つけたらいいの?
マイホームにカーポートが設置できるかどうか外構業者に相談したい。

いくつかの外構業者にプラン作成や見積もりを出してもらいたいけど、探したり、行くのがめんどう…

 

そんなあなたにおすすめなのが「タウンライフ リフォーム」です。

タウンライフ リフォーム」は、複数の外構業者に「外構プラン」「見積もり」の依頼を一括で行ってくれるサイトです。(すべて”無料”で利用できます。)

 

簡単にタウンライフリフォームの特徴をご紹介すると…

「外構プラン」「見積もり」「アイデアやドバイス」を”無料”で複数の外構業者に依頼してくれる

  • 厳しい国家基準をクリアした300以上の優良外構業者だけが登録されている
  • 気になる外構業者を選んだら一括で依頼してくれる

さらに、「利用満足度」「知人にすすめたいサイト」「使いやすさ」で堂々の1位を獲得しており、新築マイホームの外構づくりを考えたら、ぜひ利用したいサイトです。

 

利用方法はとても簡単で以下の3ステップで、5分もあれば完了します。

  1. タウンライフ リフォーム」へアクセス
  2. 外構の希望エリアを選び、重視したいポイントなどを記入
  3. プラン作成や見積もりがほしい外構業者を選ぶ

 

要望を入力する内容欄に「電話は不要です。」と書いておけば、しつこい営業の電話がくることは一切ないので安心して利用できます。

一生に一度のマイホームの外構で後悔・失敗したくない方は、プラン作成や見積もりを無料で複数の業者に一括で依頼してくれる「タウンライフ リフォーム」を、ぜひ利用してステキなお庭に仕上げてくださいね。

\カーポートの外構プランと見積りを”無料”で作ってもらえる/

>>タウンライフ リフォームの無料の外構プラン作成はこちら

 

 

-外構

© 2020 30歳パパがはじめる節約投資生活 Powered by AFFINGER5