テーマ移行中のため表示が崩れています。もうしばらくお待ちください。

【確定申告不要】ふるさと納税でワンストップ特例制度を使うメリット

【確定申告不要】ふるさと納税でワンストップ特例制度を使うメリット (1)

この記事では、ふるさと納税の確定申告が不要になる「ワンストップ特例制度」とは何か、その特徴や使える条件などをご紹介しています。

  • ふるさと納税のワンストップ特例ってなに?
  • 確定申告とワンストップ特例の違いがよくわからない。どちらでやればいいの?戻ってくる税金の額は変わるの?
  • 家を建てて来年確定申告するけど、ワンストップ特例は使えるの?

実質自己負担が2,000円で豪華な特産品がもらえると大人気の「ふるさと納税」。

食費の節約もできると、節約したいママ・パパを中心にはじめる人が急増しています。

ただ、ふるさと納税では確定申告を利用しないと税金がかえってこない仕組みです。

私も「あー確定申告とかむずかしそうだし、やっぱりやめようかな」と何度も思いました。

でも、そんな私でも簡単にふるさと納税ができたのは「ワンストップ特例制度」のおかげなんです。

そこで、ワンストップ特例についてその特徴や条件などを詳しくご紹介します。

これからふるさと納税を始めようと考えている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

ふるさと納税のワンストップ特例制度とは?

通常、ふるさと納税は確定申告をすることにより、税金が戻ってきて(※1)実質自己負担が2,000円になります。
(※1:所得税や住民税から控除や還付されます。)

ただ…

[chat face="woman1" name="" align="left" border="gray" bg="none" style=""]ふるさと納税をやってみたいけど確定申告が必要なんだよね?なんだか、むずかしそうだな…[/chat]

 

という声が多かったため、新たに登場したのが「ワンストップ特例制度」

ワンストップ特例制度の登場により、面倒だった確定申告が不要になり簡単に手続きができるようになったんです。

そして、確定申告かワンストップ特例制度のどちらかひとつを選んで手続きすることが可能になりました。
(※確定申告とワンストップ特例制度の併用はできません。)

ただ、ワンストップ特例制度はいろいろな条件があり、誰でも利用できるわけではありません。

そこで、ワンストップ特例制度の特徴や条件をみていきましょう。

ふるさと納税のワンストップ特例の特徴

ワンストップ特例制度の利用条件

まず、ワンストップ特例制度を利用できる方をまとめてみました。

[box01 title="ワンストップ特例制度を利用できる方"]

  1. 寄付をした年の所得について、翌年に確定申告をする必要がない
  2. 1年間のふるさと納税で寄付する自治体が5つまで[/box01]

 

このような方が、ワンストップ特例制度を利用することができます。

逆に利用できない方は…

[box02 title="ワンストップ特例制度を利用できない方"]

  • 年収2,000万円以上の会社員
  • 副収入が20万円以上の会社員
  • 住宅ローン控除、医療控除などで確定申告をする方
  • 6つ以上の自治体に寄付する方[/box02]

 

つまり、ふるさと納税以外で「確定申告をする必要がある方」や「6つ以上の自治体に寄付する方」は、ワンストップ特例制度を利用することができません。

ただ、私を含め多くの会社員は利用できるはずなので、ご安心ください。

寄付する自治体が5つまでなら、寄付回数は何回でも大丈夫です。
(例:5つの自治体に7回寄付してもワンストップ特例制度は利用できます)

確定申告とワンストップ特例のちがい

確定申告とワンストップ特例のちがいをまとめたので比べてみましょう。

確定申告ワンストップ特例制度
手続きの回数年に1回寄付するたび
(3つの自治体に寄付したら3回)
寄付先の数制限なし1年間で5つの自治体まで
(同じ自治体に複数回寄付しても、1自治体としてみなされる)
利用できる人誰でもOK寄付する年の所得について、翌年確定申告する必要がない人
申請の期限確定申告の期限 (毎年3月15日まで)申請書(※)の提出期限
毎年1月10日必着
戻ってくる税金の種類・所得税からの控除(還付)
・住民税からの控除(減額)
住民税から全額控除(減額)
こんな方にオススメ・面倒な手続きは1回で済ませたい方
・6つ以上の自治体に寄付したい方
・寄付する自治体が5つまでで、簡単に手続きをしたい方
・慣れない確定申告をしたくない方

(※ワンストップ特例制度で利用する「申請書」は、寄付した自治体から送られてきます)

どちらにもメリットやデメリットはあります。

ただ、これからふるさと納税を始めたい方で条件を満たしているなら「ワンストップ特例制度」がおすすめです。

普段したことのない確定申告をするよりも、家でゆっくり申請書に必要事項を記入する方がラクですもんね。

ふるさと納税をするなら「楽天」がおすすめ!自己負担2,000円をゼロ円にできる裏技がある!

「よし、ふるさと納税するぞ!」

と意気込んでみたのはいいもの、どのサイトでやるのがいいのか迷いますよね?

そこで、おすすめのサイトが「楽天ふるさと納税」です。

理由は、実質自己負担の2,000円を「ゼロ円」にすることができる裏技があるからです。

裏技と言ってもやり方は簡単。

「楽天スーパーセール」や「楽天お買い物マラソン」のときに、ふるさと納税をするだけ。

すると、2,000円分のポイントをもらうことが可能なんです。

 

実際にふるさと納税でもらったポイントの画像です↓

楽天ふるさと納税

 

「楽天お買い物マラソン」の時にふるさと納税をしたので「4ショップ4商品が選択されています。」と表示され「2,150ポイント」がもらえます。

これで無事に自己資金をゼロ円にすることができました。

また、「楽天カードがあるだけで、ポイントの獲得数を簡単に2倍にできます。
楽天カードを持っていない方はこちら>>楽天カードを申し込む

 

[chat face="woman1" name="" align="left" border="gray" bg="none" style=""]楽天すごいね!デメリットはないの?[/chat]

1つだけ残念なのが、他のふるさと納税のサイトに比べて、返礼品の取扱い数が少ないです。

ただ、私は多すぎても選ぶのが大変だし、自己負担2,000円がゼロ円になったほうがお得だと感じたので楽天を利用しています。

>>楽天ふるさと納税公式サイト

まとめ

この記事をまとめます。

【ワンストップ特例制度の特徴
・確定申告が不要
・手続きが簡単

【ワンストップ特例制度が利用できる方】
・ふるさと納税以外で確定申告をする必要がない方
・寄付する自治体が5つまでの方

【ふるさと納税は楽天がオススメ】

 

ワンストップ特例制度のおかげで、確定申告が不要になり手続きがとても簡単になりました。

とくに、これからふるさと納税をはじめる方で、条件を満たしてるなら、ワンストップ特例制度を使ってみてくださいね。

また、自己負担2,000円をゼロ円にしたい方はこちら>>楽天ふるさと納税公式サイト

-ふるさと納税

© 2020 30歳パパがはじめる節約投資生活 Powered by AFFINGER5