テーマ移行中のため表示が崩れています。もうしばらくお待ちください。

大手ハウスメーカーと工務店の違いは?あなたに合う選び方をご紹介

2019年6月9日

大手ハウスメーカーと工務店の違いは?あなたに合う選び方をご紹介

新築マイホームを考えるときに依頼する会社には「大手ハウスメーカー」と「工務店」がありますよね。ただ…

  • ハウスメーカーと工務店の違いはなに?
  • ハウスメーカーの方が金額が高いイメージがある
  • 工務店の家はつくりが雑?
  • どちらの会社に依頼したらいいか、わからない

 

このように悩んでしまいますよね?

ちなみに、工務店だから家の質が低いということはありません。私も工務店で家を建てましたが、丁寧に作ってもらえ満足しています。

結論を先にお伝えすると、ハウスメーカーと工務店を判断する明確な基準はありませんが、4つの特長があります。

①企業規模・施工エリア
②価格
③プランの自由度
④アフターサービス

大手ハウスメーカーと工務店の「違い」を知りたい方に向けて、4つの特長について詳しくご紹介していきます。

1.大手ハウスメーカーと工務店の違いは?見るべき4つの特長

ハウスメーカーと工務店には大きく分けて4つの項目に違いがあり、特長をまとめました。

大手ハウスメーカー工務店
①企業規模・施工エリア広い地域密着
②価格高い(50~90万円/坪)安い(30~50万円/坪)
③プランの自由度低い高い
④アフターサービス長期保証(30年以上)工務店により様々

 

さらに、詳しくご説明します。

①企業規模・施工エリア

[jin-fusen3 text="大手ハウスメーカー"]

大手ハウスメーカーといえば、ヘーベルハウス、大和ハウス、積水ハウスなど…一度は聞いたことがある会社名ばかりではないでしょうか。

テレビCMでも耳に残る音楽とユニークな映像が印象的ですよね。
個人的には大和ハウスの「天井が低い」のCMが好きです。

(引用:大和ハウス xevoΣ)

少し話は逸れましたが、テレビCMが全国で流れるように支店も全国にあり、施工エリアは多岐にわたります。建物の見学や相談は最寄りのハウジングセンターで気軽にできます。

 

[jin-fusen3 text="工務店"]

大手ハウスメーカーに比べ、規模や施工エリアは限定的。つまり「地域密着型」

その分、エリア内の土地情報にも詳しかったり、何かトラブルがあったときもすぐに駆けつけてくれるなどのメリットがあります。

私が以前勤めていた会社も、アフターサービスですぐに駆けつけられるように、本社から30分以内とエリアを限定していました。

②建物価格

[jin-fusen3 text="大手ハウスメーカー"]
一般的な坪単価は約50~90万円前後。広告やチラシなどの価格には諸費用が含まれていないケースが多く、実際はさらに高額になることも。

建物価格が高額になる理由の1つに「広告宣伝費」があります。

大手ハウスメーカーのテレビCMやチラシは有名タレントを使って作製していますよね。その費用が建物価格に含まれるからです。

 

[jin-fusen3 text="工務店"]
工務店の坪単価は約30~50万円前後が一般的。場合によっては、大手ハウスメーカーの2分の1の価格で購入できることも。

建物価格を抑えられるのは、従業員が少ないので人件費を削減でき、その分をお客様に良心的な価格で提供できるのです。

安いからといって、工務店でも設備や内装をこだわりすぎると建物価格は上がります。
結果、大手ハウスメーカーと変わらない!なんてこともあるので、資金計画はきっちり行いましょう。

③間取りの自由度

[jin-fusen3 text="大手ハウスメーカー"]

基本は間取りがパターン化されており、土地の形状にあったプランを提案してもらえます。

注文住宅のようにイチから間取りを作成しようと思うと「追加費用」がかかる会社が多く、どちらかといえば金額に対する間取りの自由度は低めです。

「ちょっとした棚がほしい」と思っても、それなりの値段を請求されることも。

 

[jin-fusen3 text="工務店"]

逆に、工務店はあなたの要望を全て聞いたうえで、イチからオリジナルの間取りを作成してくれます。

良くも悪くもお客様の意見を参考にするため、あまり提案してもらえないことも。

間取りの自由度は高めですが、何度も打ち合わせをするので間取り決定まで時間がかかることも。

④アフターサービス

[jin-fusen3 text="大手ハウスメーカー"]

期間ごとの点検や保証が手厚いため、住んだあとの「安心感」はあります。大手ハウスメーカーの初期保証をまとめてみました。

【ハウスメーカー名】【期間】
へーベルハウス30年
大和ハウス30年
積水ハウス30年
積水ハイム60年
ミサワホーム60年
トヨタホーム60年

(※2019年5月末時点)
 

大手ハウスメーカーの長期保証は30年がスタンダードになっていますね。

 

[jin-fusen3 text="工務店"]

正直、大手ハウスメーカーほど長期の保証がある会社は少なく、工務店によってアフターサービスの内容は様々。

その代わり、工務店は地域密着型を売りにしているので、ささいなことでもすぐに駆けつけてくれます。

とくに、専業主婦の方で「急に水が出なくなった」「電気がつかない」「ドアが開かない」などのトラブルでも担当営業マンに連絡すれば力になってくれます。

困ったときにすぐに駆けつけ、対処してくれるスピード感は安心ですね。

2.あなたに合う建築会社を選ぶべきポイントは?

あなたに合う建築会社を選ぶべきポイントは2つ。

  • 複数のハウスメーカーを比較
  • 2〜3社に絞ったら足を運ぶ

 

気になるハウスメーカーや工務店のカタログや資料などを集め比較・検討します。

2〜3社に絞ったらモデルハウスなどに足を運び、建物などを見学したり営業マンの話を聞く方がスムーズで失敗が少ないです。

①複数のハウスメーカーを比較

[chat face="woman1" name="" align="left" border="gray" bg="none" style=""]カタログや資料をもらうにも、モデルハウスや建築会社に行くんだよね?[/chat]

いいえ。
最近、家探しの定番となっているのが、カタログや資料の「一括請求サービス」です。

カタログ一括請求サービスの簡単な特長をお伝えすると

  • ネットから5分で資料の請求ができる
  • 気になる会社を複数えらべる
  • モデルハウスに行く手間がいらない
  • 営業されない
  • 自宅でゆっくり比較・検討できる
  • すべて無料!

 

カタログ一括請求サイトはいくつもありますが、その中で人気なのが「タウンライフ家づくり」。

「タウンライフ家づくり」では、カタログ請求だけでなく、オリジナルの間取りや資金計画を無料で作成してくれます。

結婚式や旅行も同じですが、だいたいの金額がわからないと比較しようがないですよね。

初めての家づくりではわからないことが多いため、まずはカタログや資料の一括請求をして、2〜3社に絞るのがおすすめです。

>>タウンライフ家づくり公式サイトはこちら

②2〜3社に絞ったらモデルハウスに足を運ぶ

気になる会社を2〜3社に絞れたら、実際にモデルハウスや建築会社に足を運びましょう。

ハウスメーカー・工務店はどちらにもメリット・デメリットがあるため、最終的には実際にその会社が作った建物を見学したり、営業マンから話を聞くのが1番だからです。

工務店に多いですが「OB訪問」「オーナー宅訪問」などのイベントは狙い目です。
その会社で建てて、現に住んでいる方のお家へお邪魔し「リアルな声」を聞くことができる貴重な機会だからです。

ぶっちゃけ話を聞くことができるイベントなので、個人的には参加してみることをおすすめします。

イベントの詳細は建築会社のホームページや問合せで確認ができますよ。

3.少しでも建物価格を抑えたいなら「工務店」がおすすめ

  • 少しでも建物価格を安くしたい
  • 毎月の住宅ローンの支払額をおさえたい

 

このように、建物を価格を抑えたいなら確実に「工務店」がおすすめです。

なぜなら、坪単価は大手ハウスメーカーに比べ断トツで工務店の方が安く、最大で2分の1ほどの差が生じることもあるからです。

大手ハウスメーカーの坪単価は一般的に約50~90万円、工務店は30~50万円。最も高い坪単価で35坪の家を建てた場合の価格を比べてみると…

・大手ハウスメーカー: 3,150万円
・工務店: 1,750万円

 

これに土地の価格や諸費用、外構費用などが追加されるので、さらに総額は上がります。

マイホームは購入して終わりではありません。多くの方が住宅ローンを組み、約30年と長い期間をかけて返済していきます。

毎月の支払で家計が苦しくならないためにも「価格」はとても重要なポイントになります。

ちなみに、工務店よりさらに安い価格の建物を「ローコスト住宅」といい、1,000万円以下で購入できる建築会社もありますよ。

4.まとめ:ハウスメーカーと工務店の違いを知って、あなたに合う会社を選ぼう!

大手ハウスメーカーと工務店の違いは大まかに分けて以下4つ。

大手ハウスメーカー工務店
①企業規模・施工エリア広い地域密着
②価格高い(50~90万円/坪)安い(30~50万円/坪)
③プランの自由度低い高い
④アフターサービス長期保証(30年以上)工務店により様々

 

それぞれの特長を知ったうえで、モデルハウスの見学や相談などをして、あなたに合う建築会社を見つけてみましょう。

「家づくりの流れ」はどちらで依頼しても大きく差はありません。詳しくは以下の記事をチェックしてみたくださいね。

[box06 title="あわせて読みたい"]家づくりの流れが一目でわかる!知っておきたい13のステップ[/box06]

 

忙しくてマイホームの相談に行けないあなたへ

ハウスメーカーと工務店の違いを知るためにモデルハウスへ行きたいけど…

[chat face="woman1" name="" align="left" border="gray" bg="none" style=""]

  • どうしても忙しくて中々時間が取れない
  • しつこい営業されるのもいやだな[/chat]

 

そんなあなたにおすすめなのが、「タウンライフ家づくり」の資料一括請求です。

タウンライフ家づくりには600社以上の信頼ある会社が登録されており

・土地探し
・間取り作成
・資金計画

これらをまとめて作成してもらえ、足を運ばなくても様々な建築会社を比較することができます。しかもすべて「無料」。

資料が送られてきたあと、もしつこい営業の電話やその会社で建てるという条件も一切ありません。

ネットがこれだけ便利になっているので、利用できるサービスはどんどん使って、後悔しないステキなマイホームを手に入れてくださいね。

\申し込みは簡単5分!間取りや資金計画がもらえる/

タウンライフ家づくり

-家の買い方・建築会社の選び方

© 2020 30歳パパがはじめる節約投資生活 Powered by AFFINGER5