【知らないと損】新型iPhoneを安く買う方法【キャリアの購入を検討してる方】

2020年4月24日

【知らないと損】新型iPhoneを安く買う方法【キャリアの購入を検討してる方】
新型iPhoneを安く買う方法を知りたい。ついでに月々の料金も安くしたいんだけど…なんかいい方法はあるかな?

このようなギモンにお答えします。

そもそも、iPhoneを購入するときに「機種代金の値段」で安いかどうか判断していませんか?

実は、その考えでは大きな損をしています。

なぜなら、毎月のスマホ料金は「機種代金」のほかに「基本料金」も合わせて支払っていますよね。

つまり、どれだけ機種代金を安く購入できても、基本料金が高ければ意味がないんです。

 

では、どのように基本料金を安くしたらいいのか?

それは「格安SIM」にすることで基本料金が下がり、結果、新型iPhoneを最安で購入することにつながります。

 

そこでこの記事では

この記事でわかること

  • 新型iPhoneを安く買う方法
  • 新型iPhoneを最安で使う方法
  • 新型iPhoneを安く使うためのおすすめの格安SIM

 

を詳しくご紹介します。

記事を読み終えるころには、新型iPhoneを最安で購入する方法と使う方法がわかり、10万円以上のお金が手元に残っていますよ。

 

新型iPhoneを安く買うなら【機種代金+基本料金】で考える

2020年4月に新型iPhone SE2が発売しましたね。

  • iPhone史上初の最安価格(5万円以下!)
  • サイズはiPhone8で、機能は最新のiPhone 11
  • ホームボタン復活で指紋認証ロック解除

 

と、史上最高コスパとの呼び声も多い新型iPhone。詳しくは以下の記事をどうぞ。

関連 【速報】新型iPhone SE2(第2世代)の値段が5万円以下【発売日・予約情報まとめ】

 

コスパが良いといわれても、できるだけ安く買いたいのが本音ですよね?

ここで、本題に入る前に思い出してください。

あなたが毎月支払っている「スマホ料金」の内訳はどうなっていますか?

きっと以下のようになっているはずです。

 

機種代金+月々の基本料(プラン)

 

つまり、月々の「基本料金」が高ければ、どれだけ「機種代金」が安くても意味がないのです。

上記の事実を知らないと最終的に10万円以上の”損”をすることになります。

 

ポイント

「機種代金」の安さではなく「機種代金+基本料金」に注目してトータルで考える。

 

基本料金を安くする方法【格安SIMを利用する】

新型iPhoneは機種代金を見るのではなく、「基本料金」と合わせて考えることが大切でしたね。

では、どのように基本料金を安くできるのか?

「格安SIM」を利用すると10万円以上も安く買えて、使うことができます。

 

「格安SIMはよくわからない。」と思われたかもしれませんが、ひとまず、どのくらい安くなるのか以下を見てください。

新型iPhone SE2(64GB)を「大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)」と「格安SIM」で2年間使ったときのトータル費用を比べてみました。

機種代金(24回払い)基本使用料(24カ月)合計
格安SIM
(mineo)
44,800円
※Appleから直接購入。24回払いで月々1,866円程度
31,440円
au(A)プラン
76,240円
ドコモ51,840円
※「スマホおかえしプログラム」の利用で、25か月目に機種を返せば34,560円
99,600円
※ギガライト
151,440円
※「スマホおかえしプログラム」の利用で、25か月目に機種を返せば134,160円
au55,270円
※「かえトクプログラム」の利用で、25か月目に機種を返せば26,136円
131,520円
※auフラットプラン7プラスN
186,790円
※「かえトクプログラム」の利用で、25か月目に機種を返せば160,654円
ソフトバンク52,363円
※「トクするサポート+」の利用で、25か月目に機種を返せば26,181円
149,520円
※ミニフィットプラン、お家割光セット適用
201,883円
※「トクするサポート+」の利用で、25か月目に機種を返せば175,701円
※2020年4月23時点
※価格はすべて税抜き
※端末はiPhone SE2、データ容量3GB、かけ放題なし、機種変更を想定
※格安SIMはおすすめの「mineo(マイネオ)」

 

表からわかるように、新型iPhone SE2の機種代金だけ見ても、Appleの公式サイトから買うのが1番安いです。

さらに2年間使う場合、私も使っていた格安SIMの「mineo(マイネオ)」にするだけで”10万円以上”も安いのがわかりますね。

 

基本使用料がキャリアの中で最安のドコモでも約6万円もの差があり、2年後にスマホを返さなきゃいけないって…

お得感がまったくありません。

 

格安SIMにするだけでトータル金額が10万円以上も違うのは、正直すごいと思いませんか?

きょう
表を作りながら改めてキャリアは高すぎる!と実感。(そしてプランがわかりづらい)
心から格安SIMでスマホ料金を節約してほしいと願うばかりです…

 

ポイント

  • 新型iPhoneは「格安SIM」といっしょに使うことで1番安くなる
  • iPhoneの機種代金は「Apple store」で購入するのが1番安い

 

格安SIMの乗り換えは簡単!【一度手続きするだけ】

でも格安SIMってなんだかめんどくさそうだし…。キャリアのままでいいかな。

 

確かに面倒なのはよくわかります。

私も初めて格安SIMにするときは同じ気持ちでした。

 

でも、それは目の前に10万円があるのに手に入れず、ドブに捨てているのと同じだと気づいたんです。

 

格安SIMにしたら確実にスマホ料金の節約ができるんですよ?

一度手続きすれば、その後はずっと安くお得に使い続けることができます。

詳しくご紹介するので、新型iPhoneを格安SIMで一緒に使ってみましょう。

 

新型iPhoneを安く買うならApple公式ストア

iPhone SE2

 

先ほどの章で、iPhoneはAppleの公式サイトで購入するのが1番安いのがわかりました。

Appleでは「店舗」または「オンラインストア」で直接購入でき、おすすめなのは「オンラインストア」です。

理由は以下のとおり。

  • わざわざ店舗に行かなくていい
  • 長時間待たされる心配なし
  • 発売日当日に受け取れる

 

それでは、Appleオンラインストアでの購入手順をご紹介します。

※2020年4月21日時点、新型コロナの影響により店舗は一時休業中。

 

AppleオンラインストアでSIMフリーのiPhoneを購入する手順

Appleの公式オンラインストアで「SIMフリー」のiPhoneを購入する手順をご紹介します。

 

  1. Appleオンラインストアへアクセス
  2. 下取りのiPhoneがあるか、仕上げ(カラー)、容量、保証を選択し、「バッグに追加」をタッチ
  3. オプション品はいつでも購入できるので「バッグを確認」をタッチ
  4. 「注文手続きへ」をタッチ
  5. Appleのアカウントを入力してサインイン(※アカウントを持っていない方はゲストとして続ける)
  6. 自宅に届けてもらうので「配送を希望する」を選択し「配送先住所に進む」をタッチ
  7. 配送先住所や連絡先情報を確認(入力)し、「支払いに進む」をタッチ
  8. 支払い方法を選択し、「注文の確認」をタッチ
  9. 内容に間違いがなければ注文する

 

以上でiPhoneの購入が完了です。

きょう
キャリアのプランの選択もないので5分もあれば完了します。

 

「SIMフリー」と「SIMロック」とは?

Apple公式サイトで購入するiPhoneは「SIMフリー」端末

ここから重要です!

Appleで購入できるiPhoneは「SIMフリー」端末です。

 

シ、シムフリー?全然わかんないよー。

 

それでは、詳しくご紹介します。

 

SIM(シム)=小さなICチップ

のことで、スマホやタブレットには必ずSIMが入っており、SIMがないと通話やネット通信ができません。

 

SIMカード

この小さいのがSIMカード

 

このSIMに何も制限がかかっていない状態を「SIMフリー」といいます。
(反対に制限がかかっているものを「SIMロック」といい、のちほど解説します。)

 

SIMフリー端末の特徴は、キャリアSIM、格安SIM、海外SIMなど、どんなSIMでも利用することができること。

例えば、海外旅行に行ったときに現地のSIMに差し替えれば、海外でも日本国内にいるときと同じように料金を気にせずネットなどができます。

 

SIMフリーのiPhoneはAppleのみで購入できるのです。

※2019年11月から、ビックカメラやヨドバシカメラなど一部の店舗でも、SIMフリーのiPhoneを購入することができるようになりました。

キャリアで購入するiPhoneは「SIMロック」端末

SIMロック

 

一方、キャリアで購入するiPhoneは「SIMロック」端末です。

SIMロックとは、購入したキャリア以外で利用できないように「ロック(鍵)」がかかっている状態の端末をいいます。

 

例えば、ドコモで購入したらドコモ以外のSIMは利用できないということ。
(※SIMを差し替えても使えません。)

 

といっても、SIMロックは条件を満たすことで「解除」することができ、「SIMフリー」端末にすることができます。

 

キャリアのSIMロック解除条件と解除手順

お使いのiPhoneがキャリアで契約したならば、SIMロック端末なので解除して格安SIMを利用します。

 

ドコモ

(開く) SIMロック解除の条件

ネットワーク利用制限、おまかせロックなどの各種ロックがかかっていないこと
ネットワーク利用制限携帯電話確認サイトより、ネットワーク利用制限の対象電話機であるかをご確認になれます。
ネットワーク利用制限携帯電話機確認サイト別ウインドウが開きます
購入日から100日経過した機種であること
ただし、以下の場合は100日を経過していない場合でも即時にSIMロック解除の手続きが可能となります。
当該回線において、過去にSIMロック解除※1を行っており、その受付から100日経過した場合
当該機種を一括払いでご購入、または分割払いでご購入され、その分割支払金/分割払金のご精算をされた場合
当該回線(解約済み回線を含む)または一括請求の代表回線において、ドコモの携帯電話料金のお支払い方法を「クレジットカード」に設定いただいた場合
回線契約期間中に受付したSIMロック解除が対象です。

詳しくはこちら>>ドコモ公式サイト 

(開く) SIMロック解除手順

1、「My docomo」にログインして左上のメニューをクリック
2、メニューから「サービス一覧」を選択
3、SIMロック解除を行う機種のIMEI番号を入力
4、「SIMロック解除を申込む」と「SIMロック解除の注意事項に同意する」をチェック
「手続きを完了する」を選択

以上で完了です。

※ドコモショップで手続きをする場合、SIMロック解除手数料3,000円(税抜)が必要となります。

 

au

(開く) SIMロック解除の条件

2015年4月23日以降に発売されたSIMロック解除機能対応の機種であること。
SIMロック解除対象機種一覧のご確認はこちら

ネットワーク利用制限中のau携帯電話でないこと。
機種購入から101日目以降であること。
ただし、SIMロック解除ご希望のau携帯電話が、以下の場合は、機種購入日から100日以内でもSIMロック解除手続きが可能です。

割賦残債がない場合(一括でのご購入・一括での残債精算済みなど)
SIMロック解除をご希望の端末でご利用のau回線において、前回SIMロック解除受付日※1から100日経過した場合
2017年7月11日以降に受け付けしたSIMロック解除が対象です。
SIMロック解除をご希望の端末の割賦代金および、紐づく回線のauご利用料金のお支払いをクレジットカードに設定いただいている場合

詳しくはこちら>>au公式サイト 

(開く) SIMロック解除手順

オンラインからSIMロック解除すると手数料3,000円(税抜き)が無料

1、au公式サイトより「SIMロック解除のお手続き」ページを開く
2、「SIMロック解除のお手続き」ボタンをクリック
3、ログイン画面に切り替わり、My au にログイン
4、ページを下にスクロールし、端末のSIMロック解除可否を確認する
5、SIMロック解除可能端末だった場合、左上のチェックを入れる
6、さらに下へスクロールし「次へ」をタッチ
7、内容を確認する
8、解除の理由を選択し、「この内容で申し込む」をタッチ

以上で手続き完了です。

※auショップで手続きをする場合、SIMロック解除手数料3,000円(税抜)が必要となります。

 

ソフトバンク

(開く) SIMロック解除の条件

SIMロック解除機能を搭載した製品

SIMロック解除は、購入日(当社システムにて記録されている販売日など)より101日目以降の場合に受付可能です。以下2つの条件すべてに当てはまる場合は、機種購入日から100日以内の場合でもSIMロック解除の手続きが可能です。

・2017年12月1日(金)以降に、機種変更前の対象回線でSIMロック解除を行ったことがあること
・前回のSIMロック解除受付日から101日目以降であること

ご契約されているご本人さまの場合、My SoftBankよりお手続きいただけます。

解約済み製品のSIMロック解除のお手続きは、契約されていたご本人様の場合、お電話(0800-888-1157)で受付可能です。

中古端末販売店で購入した機種や知人・友人等から譲り受けた機種等の場合は、ソフトバンショップにて受付可能です。(SIMロック解除手数料3,000円/店頭でお支払い)受付時には本人確認書類が必要です。また、ソフトバンクショップ受付はお一人さま1日2台までとなります。

安心遠隔ロックなど製品の機能を制限するサービスをご利用の場合は、これらのサービスを解除後にお手続きをさせていただきます。

対象の製品に故障や水濡れがある場合は、SIMロック解除のお手続きができません。故障修理などが完了してからのお手続きとなります。

ネットワーク利用制限製品については、解除のお手続きをすることができません。

他社へのりかえ(MNP)し、ご利用中の携帯電話機器を継続利用される場合は、のりかえ(MNP)転出手続き前に必ずSIMロック解除を実施してください。

詳しくはこちら>>Softbank公式サイト 

(開く) SIMロック解除手順

1、「My softbank」にログイン
2、トップページ右上の「メニュー」をタッチ
3、「契約・オプション管理」を選択
4、画面を下へスクロールして、「SIMロック解除対象機種の手続き」を選択
5、端末のIMEI番号を入力し、「次へ」をタッチ
6、「解除手続きする」を選択

以上で完了です。

※1 ソフトバンクショップで手続きをする場合、SIMロック解除手数料3,000円(税抜)が必要となります。
※2 クレジットカードで機種を購入した当日のみ、ショップでも無料になります。

 

ポイント

  • Appleで購入するiPhoneは「SIMフリー」
  • SIMフリーならどの格安SIMでも使える

 

新型iPhoneを最安で使う方法【格安SIMを利用する】

この章では、新型iPhoneを最安で使う方法、つまり『格安SIM』に乗り換える手順をご紹介します。

手順は以下のとおり。

  1. SIMロックを解除する
  2. 格安SIMを選ぶ
  3. (携帯電話番号を変えたくない方)MNP予約番号を発行
  4. 毎月の通信量を確認してプランを決める
  5. 格安SIMを購入(申し込む)
  6. 購入したSIMカードの初期設定を済ませる

 

上記は、今お使いのiPhoneのまま、電話番号を変えずに格安SIMに乗り換える手順となります。

 

AppleでSIMフリーのiPhoneを購入して電話番号を変更しない場合は、「手順①SIMロックを解除する」をとばしてください。

①SIMロックを解除する

お使いのiPhoneで格安SIMが使えるように、「SIMロック」の"解除"を行います。

オンラインなら手数料無料で行え、手続きはとても簡単なのでご安心ください。

※店舗でも解除はできますが3,000円の手数料がかかります。

 

  1. 1、IMEI番号を確認してメモ
    確認方法:iPhoneの設定→一般→情報→15ケタのIMEI番号をメモする
  2. 今お使いのキャリアのマイページからSIMロック解除を行う

 

キャリアごとの解除方法はこちらからご確認ください。

 

変更先の格安SIMと変更前のキャリアの「通信回線」が同じ場合は、SIMロック解除は不要です。

例えば、今お使いのキャリアがドコモの場合、変更先が「ドコモ回線」に対応してる格安SIMなら、SIMロックの解除は不要。

※ドコモ回線に対応している格安SIMは「mineo(マイネオ)」、「LINEモバイル」などがあります。

②格安SIMを選ぶ

格安SIMといっても数十種類以上あり、料金や特徴などが異なります。

そんなに種類があると、どうやって選んだらいいかわからないよ。

大丈夫です、安心してください。

いくつもの格安SIMを使ってきた私が「安心して利用できる格安SIM」を3つご紹介します。

 

そこで、料金や特徴などを以下の表にまとめました。

 

UQモバイルmineo(マイネオ)←おすすめLINEモバイル
おすすめポイント・格安SIMで1番速い・とにかく安い
・マルチキャリア対応(SIMロック解除不要)
・サポート充実
・LINEアプリはカウントフリー
・SNSがし放題プランあり
・マルチキャリア対応(SIMロック解除不要)
回線auドコモ・au・ソフトバンクドコモ・au・ソフトバンク
料金1,980円
※2年目以降は料金が上がる
1,310円~1,480円
速度
家族割あり
(UQ家族割で2台目から500円割引)
あり
(最大5回線まで50円割引)
なし
速度切替(データ消費の節約)ありありなし
電話かけ放題あり
・24時間いつでも/月額1,700円
・10分以内の電話/月額700円
・60分までかけ放題/月額500円
あり
・10分以内の電話/月額850円
あり
・10分以内の電話/月額880円
契約解除料(解約事務手数料)0円0円1,000円
※2020年4月23日時点
※価格はすべて税抜き
※通話ができるSIM、データ容量3GB

 

それぞれ詳しくご紹介します。

UQモバイル

UQモバイルがおすすめな人

  • 格安SIMにして通信速度がちょっとでも遅くなるのが許せない
  • 今よりある程度安くなればOK

 

おすすめポイントは「通信速度の速さ」。

格安SIMの中でダントツ1位の通信速度です。(ほぼキャリア並み)

ネットにつないで動画をよく見たり、ゲームをする。ネットが少しでも遅くなるのが許せない、という方に向いています。

ただし、料金は格安SIMの中では高め。

2年目からは1,000円ほど値上がりし、3年目にはさらに上がります。

>>UQモバイル公式サイトで料金を確認

 

mineo(マイネオ)←おすすめ

mineoがおすすめな人

  • とにかく月々のスマホ料金を安くしたい
  • SIMロック解除をしないで格安SIMを使いたい
  • 気になったことをすぐに聞けるサポート

 

格安SIM初心者の方に1番おすすめなのがmineo(マイネオ)です。

月々1,310円から利用できてとにかく安く、2年目から料金が上がることもないので安心。

「マルチキャリア対応」なので「SIMロック解除」が不要で、手間が一切かからないのもやさしいです。

さらに、格安SIMにはめずらしく実店舗があったり、独自のコミニュニティ(マイネ王)など、サポートが充実してるので、契約後も安心して使えます。

きょう
3年以上、顧客満足度No.1も輝いているんですよ!

 

良心的な格安SIMなので、間違いなく安心して使っていただけます。

>>mineo公式サイトへ

 

LINEモバイル

LINEモバイルがおすすめな人

  • LINEでデータ容量の大きい動画などをよく受け取る
  • SNS(ツイッター、インスタなど)をよく利用する
  • SIMロック解除をしないで格安SIMを使いたい

 

「LINEアカウントフリー」機能があり、LINEアプリによるデータ消費が一切ありません。

つまり、データ消費を気にせずLINEアプリで大量の写真や動画が送受信できます!

補足として、LINEのiD検索機能もキャリア同様にできます。

もう一つの目玉として「SNS音楽データフリー」というオプションがあります。

基本料金+480円でLINEアプリに加えて

  • ツイッター
  • フェイスブック
  • インスタグラム
  • LINEミュージック

までもが、データ消費ゼロで楽しめます。

日頃から、データ消費の原因が上記のSNSという方にはおすすめできます。(ただし、月額料金は上がります。)

デメリットとしては家族割がなかったり、体感速度が3つのなかで1番遅いのがネック。

それでも約2,000円でSNSデータ消費ゼロはうれしいですよね。

>>LINEモバイル公式サイトへ

 

③MNP予約番号を発行

お使いのiPhoneの電話番号はそのままで格安SIMに変更したい場合に行う手続きです。

以下の番号に電話して「MNP予約番号を発行してください。」と伝えるだけで、とても簡単。

ドコモ:0120-800-000

au:0077-75470

ソフトバンク:0800-100-5533

 

その際に、以下を必ずメモしてください

  • MNP予約番号
  • MNP予約番号を発行した日にち
  • MNP予約番号の有効期限

※予約番号を発行しても「解約」にはならないのでご安心ください。
※MNP予約番号には約10日程度の有効期限があるので、格安SIMに乗り換える当日または前日に発行してください。

 

どのキャリアも電話をすると以下のようなことをだいたい言われます。

「なぜうちの会社を解約しようと考えているんですか?もし、このまま契約を続けていただければ、もっとお得にさせていただきます…」

 

と、引き止めてきますが…

すべて無視でOK!(笑)

だって、高いし、お得にできるんだったら最初からそうしてよ?って思いますよね。

今回は『新型iPhoneを安く購入して、安く使う』のが目的なので、甘い言葉にだまされないようにしてください!

 

④毎月の通信量を確認してプランを決める

少し整理しましょう。

この時点で以下3つが完了しています。

  • SIMロック解除
  • 格安SIMが決定
  • MNP予約番号発行

 

ここからは格安SIMの基本料金となるプラン(データ通信量)を選びます。

今お使いのキャリアの過去2~3カ月のデータ通信容量を調べ、同じまたは近いプランを選びます。

 

各キャリアの通信容量の確認方法は以下のとおり。

◾️ドコモ

My docomoにログイン→「データ通信量」を選択→「当月のご利用データ通信量」

◾️au

My auにログイン→「今月ご利用された通話料・データ通信量」

◾️ソフトバンク

My Softbankにログイン→「メニュー」→「使用料の確認」→利用状況の「詳細を見る」

 

また、格安SIMは「いつでもプランの変更ができる」というメリットがあるので、使ってみてから簡単に変えられるのでご安心ください。

きょう
キャリアだとわざわざ店舗に行って、長時間待たされて、スタッフと話して…やっとプランの変更ができますが、格安SIMはスマホから3分ほどで手続き完了!

⑤格安SIMを購入(申し込む)

実際に格安SIM「mineo(マイネオ)」を購入(申し込み)します。

購入する前に以下のものが準備できているか確認しましょう。

 

  • スマホを支払うためのクレジットカード(自分名義)
  • 本人確認書類(免許証/健康保険証など)
  • MNP予約番号と発行した日にちのメモ
  • 連絡用のメールアドレス(連絡が取れるなら何でもOK)
  • エントリーパッケージ(事務手数料3,000円が無料に!こちらから購入できます。)

 

順番に進めていきましょう。

格安SIMの「mineo(マイネオ)」の申し込み方法

1、「mineo公式サイトへ」アクセスし「お申し込みはこちら!」をタッチ

2、お申し込みの前にご用意くださいを確認し、「お申し込み手続きへ」をタッチ

3、サービス選択

「SIMカードのみ」を選択

プランを選択(今お使いのキャリアを選択)

「デュアルタイプ」を選択

「コース(データ容量)」を選択

エココース選択は無視(購入後、いつでも申込可)

通話サービスを選ぶ(10分かけ放題が不要なら、無料で通話代が半額になる「mineoでんわ」がおすすめ!)

「次に進む」をタッチ

SIMカードのサイズ・種類を選択(わからない場合は「mineo対応SIM診断」を行ってください)

4、eoID確認

mineoでは独自のIDである「eoID」が必要なので「新規登録」

5、お申し込み方法選択

「エントリーコードで申し込む」を選択し16ケタの番号を入力(事務手数料が3,000円が無料になります。)→紹介用URLは私のURLをお使いください「」これで3,000円のギフト券がもらえます。

6、ご契約者さま情報入力

「現在ご利用中の電話番号を引き継ぐ」MNPを申し込む を選択→「mineo契約者(申込者)と同一名義」を選択→「MNP予約番号」を入力→電話番号を入力→MNP予約番号の有効期限

7、お支払い情報入力

お手元にあるクレジットカードの情報を入力

9.ご本人さま確認

免許証などをスマホで撮影し、アップロード

10、最終確認

申込内容に間違いがないか確認

 

以上で申込完了です。

申込完了後は早ければ3日~1週間程度で登録した住所にmineoのSIMカードが届きます。

※写真

 

きょう
mineoには図解つきのわかりやすい「説明書」も同封されています。初期設定の作業が不安な方も安心してください。

⑥購入したSIMカードの初期設定を済ませる

最後に、お使いのスマホでmineoが使えるように初期設定を行います。

準備するもの

・説明書(届いたSIMカードに同封されています)

・Wi-Fiに接続できる環境

 

作業の時間帯

・au(A)プランとドコモ(D)プラン:9時~21時

※20時以降に作業をすると翌日まで利用できない可能性があるので注意

・ソフトバンク(S)プラン:10時~19時

※18時以降に作業をすると翌日まで利用できない可能性があるので注意

 

 

所要時間は3分程度。

①SIMを差し替える

iPhone本体の電源を切って、SIMカードを差し替えます。

※SIMカードの金属部分には触れないようにしましょう。

②MNP転入切替/回線切替

iPhone本体の電源を入れ、Wi-Fiに接続してから以下作業を行います。

mineoの「マイページ」へアクセスし、「eoID」「eoIDパスワード」を入力しログイン

画面を下にスクロールし、「登録情報の変更・サポート」から「MNP転入切替/回線切替手続き」をタップ

SIMカードが付いていた台紙に記載のある[ICCID/製造番号]の下4ケタを入力し、「回線切替」をタップで完了

 

mineoのSIMカード台紙

 

受付後、1時間程度で回線切替が完了します。

テストコール「111」(通話料無料)にかけて、ガイダンスが流れれば切替手続きは完了です。

③ネットワーク設定

iPhone本体の電源を入れ、Wi-Fiに接続。

iPhoneの「設定」→「一般」→「プロファイルを選択」し、お使いのキャリアのプロファイルを削除。

mineoのプロファイルをインストール

説明書の「QRコードを読み取る」または「mineo公式サイト」からインストールで完了。

 

以上でmineoの初期設定が完了し、お使いのiPhoneで今まで通り通話やインターネットができるようになります。

 

きょう
長くなりましたがお疲れ様でした。そしておめでとうございます。これで10万円以上も安くなりますね。

まとめ:新型iPhoneを安く買う方法は、Apple storeで購入し格安SIMに変える【10万円以上もお得】

 

「新型iPhoneを安く買う方法」と「月々のスマホ料金を安くする方法」をご紹介しました。

この記事のポイントまとめておきます。

一目でわかるポイントまとめ

  • 新型iPhoneをキャリアで2年間使うと、格安SIMに比べて10万円以上の損
  • 新型iPhoneは「Apple公式サイト」で最も安く買える
  • 「iPhone+格安SIM」の組み合わせで月々のスマホ料金が最安になる

 

また、おすすめの格安SIMは「mineo(マイネオ)」で、その理由は以下3つ。

  • 今お使いのスマホがそのまま使える(SIMロック解除不要)
  • 基本料金が1,310円からと格安SIMでトップクラスの安さ
  • 困ったときも安心のサポートが充実

他にもたくさんのメリットがありますが、「余計な手間がなくて安い!」のはmineoだけです。

 

初めての格安SIMは、不安や心配、なによりめんどくさいと思われるかもしれませんが、一度手続きしてしまえば、あとはずっと安くなり大きな節約につながります。

今のキャリアのスマホ料金が月々1万円を5年間使い続けると60万円も支払うことに。

これを格安SIMに変えて月々約1,500円になれば、たったの9万円!

その差なんと…51万円にもなるんです。

これでもキャリアを使い続けるのは、もったいないと思いませんか?

 

手元に51万円もお金があれば、海外旅行、テレビや冷蔵庫などの大型家電の購入、マイホーム購入資金…など、割とぜいたくなことができますよね。

 

それに今ならmineoは、「6ヵ月間ずっと月額料金が800円割引+データ容量毎月1GB増量」のキャンペーンも開催しています。

この機会に格安SIM「mineo」にして、スマホ料金をグッと安くしてお友達に自慢してみてくださいね。

>>mineo公式サイトへ

 

-固定費の節約

© 2020 きょうさんち Powered by AFFINGER5