住宅ローン控除の必要書類が一目でわかる!確定申告でもう迷わない

2019年4月11日

住宅ローン控除の必要書類が一目でわかる!確定申告でもう迷わない

最大400万円の税金が戻ってくる「住宅ローン控除(または減税)」は、新築マイホームを購入した方だけが受けられるとてもお得な税の優遇制度。

利用しないと絶対に損する住宅ローン控除ですが、新築マイホームを引き渡してもらった翌年に「確定申告」します。

その際に、様々な書類を用意するのですが…

[chat face="man1" name="" align="left" border="gray" bg="none" style=""]

  • そもそも確定申告をやったことがないし、住宅ローン控除を受けるための必要書類はなにがあるの?
  • 必要書類はどこでもらえるのかも詳しく知りたい

[/chat]

このように悩んでしまいますよね?

 

そこで、住宅ローン控除を受けるための確定申告に必要な書類を一覧にしました。

  • マイナンバーカードまたは通知カード+身分証明書
  • 源泉徴収票
  • 住宅資金に係る借入金の年末残高証明書
  • 住宅の売買契約書や工事請負契約書
  • 土地の売買契約書
  • 住宅の登記事項証明書
  • 土地の登記事項証明書

 

この記事では、必要書類の取得方法なども合わせて詳しくご紹介していきます。

住宅ローン控除とは?

住宅を購入すると受けられる「住宅ローン控除」とは何か、簡単にご紹介します。

住宅ローン控除とは…

「住宅ローンを借りて、住宅(新築・中古)を購入した方だけが受けられ、10年間で最大400万円(※)の税金が戻ってくる制度」

(※2019年4月時点では、認定住宅(長期優良住宅や低炭素住宅など条件を満たした住宅)は最大500万円が戻ってきます。)
参考リンク:国税庁HP 「住宅を新築又は新築住宅を取得した場合(住宅借入金等特別控除)」

さらに、消費税が8%→10%に増税すると、控除の期間が10年から13年に延長されることも決定しており、益々目が離せません。

住宅ローン控除は毎年手続きをする必要がありますが、会社員の方は勤務先が年末調整であなたの代わりに手続きをしてくれます。

[chat face="man1" name="" align="left" border="gray" bg="none" style=""]あれ?確定申告が必要って聞いたけど。[/chat]

と思われたかもしれませんが、その通りです。

住宅ローン控除は、住宅を引き渡してもらった翌年に、1度だけ「確定申告」をする必要があります。
あなたの確定申告をする時期は、下の図を参考にしてみましょう。

ローン控除 確定申告の時期

それでも不安な方は、住宅購入を担当してくれた営業の方や最寄りの税務署に確認してください。

確定申告の手間はありますが、住宅ローン控除は利用ひないと絶対に損する制度なので、必ず手続きをしましょう。

住宅ローン控除について、さらに詳しい解説を以下の記事でご紹介しています。
参考:【まとめ】住宅ローン控除の確定申告で1番簡単なやり方

住宅ローン控除を受けるための必要書類と取得方法

この章では、住宅ローン控除を受けるための確定申告の際に、税務署に提出する“必要書類”とその書類の“取得方法”を詳しくご紹介します。

必要書類と取得方法の一覧を下の表にまとめましたので、ご覧ください。

住宅ローン控除の必要書類

それではひとつずつ詳しくご紹介していきます。

①マイナンバーカードまたは通知カード+身分証明書(免許証/パスポートなど)

そもそも、「マイナンバーカード」と「通知カード」の違いはご存知でしょうか?そこで、「通知カード」からわかりやすく説明しますね。

[jin-fusen3 text="通知カード"]
2015年10月中旬~12月の間に、住民票を有する方全員に、お住いの市区町村からマイナンバーが記載された「通知カード」が発行されています。

つまり、この記事を読んでいただいている読者の方は、ほぼ間違いなくお持ちのはずです。

ただ、通知カードでは身分証明書の代わりにはならないため、確定申告の際には免許証やパスポートをはじめとする身分を証明するもの(本人確認できるもの)と合わせて提出します。

 

[jin-fusen3 text="マイナンバーカード"]
簡単にいうと「通知カード」をグレードアップさせたものを「マイナンバーカード」といい、身分証明書として利用できます。

お住まいの市区町村に「通知カード」を持っていき、手続きをすることで「マイナンバーカード」の作成ができます。

 

[chat face="man1" name="" align="left" border="gray" bg="none" style=""]そもそも「通知カード」を紛失して、手元にないよ。[/chat]

という方は、手数料がかかりますが再発行が可能です。

詳しくは以下のリンクをお読みください。

参考リンク:マイナンバーカード総合サイト 「よくあるご質問」

②源泉徴収票

「源泉徴収票」は、会社員の方であれば勤務先の年末調整後に受取ることができます。

一般的には12月の給与明細と一緒に配布されますが、公布するのは1月31日まででOKとなっているため、中には1月分の給与明細と一緒になる場合も。

もし、1月を過ぎても配布されない場合は、勤務先に確認してみましょう。

③住宅取得資金に係る借入金の年末残高証明書

「年末残高証明書」は、住宅ローンを組んだ金融機関から送られてきます。多くは、10月上旬から中旬にかけて送られてきますが、翌年の1月になることも。

[chat face="CO09103j.jpg" name="きょう" align="left" border="blue" bg="none" style=""]私は1月中旬に自宅に届きました。[/chat]

土地と建物を分けて住宅ローンを組んでいる場合は、ハガキが「2通」届きますので大事に保管し、合わせて提出しましょう。

万が一、1月を過ぎても届かない場合は金融機関に問い合わせてみましょう。

④住宅の売買契約書や工事請負契約書

いわゆるハウスメーカーと交わした「契約書」。契約時に必ずもらいます。

念のため、契約書の全ページの写しを取っておくと税務署にツッコまれる可能性は少なくなります。

⑤土地の売買契約書

土地を購入する際に、不動産屋もしくはハウスメーカーと交わした契約書です。こちらも、全ページの写しを取り提出することをおすすめします。

⑥・⑦住宅・土地の登記事項証明書

そもそも「登記事項証明書」とは、土地・建物の所在/所有者/面積/権利などが記載されている証明書のことをいいます。

登記所や法務局が管理しており、手数料を支払えば誰でも取得することができます。

[chat face="CO09103j.jpg" name="きょう" align="left" border="blue" bg="none" style=""]多くの方が取得したことのない書類だと思いますが、窓口で丁寧に教えてもらえるので安心してください![/chat]

登記所や法務局は平日の午前8時30分~午後5時15分までしか開いていません。そのため、仕事や育児・家事で忙しくなかなか足を運べない方は、ネット環境があれば「オンライン請求」がおすすめです。

 

オンライン請求のメリットは…

  • 夜の午後9時まで申請できる!
  • 自宅や会社への郵送をはじめ、最寄りの登記所や法務局での受け取りも可能!
  • 手数料が100円もお得!(通常600円が500円。最寄りの登記所または法務局なら480円)

 

詳しくは、法務局のHP「登記事項証明書等の請求にはオンラインでの手続が便利です」をお読みください。

住宅ローン控除の必要書類の提出方法

2章で住宅ローン控除を受けるための確定申告に必要な書類がすべてそろったと思います。この章では「必要書類の提出方法」をご紹介します。

確定申告書をネットで作成し印刷する場合、以下の画像のような「必要書類を貼り付ける台紙」も印刷ができます。

添付書類台紙

(※一部抜粋)

用紙の指定された場所に、必要書類をのりで貼り付けていきましょう。

その際、すべての必要書類を貼り付けられるわけではないので、別でA4の白紙を用意し、同じようにのりで貼り付けます。

最後は、確定申告書と必要書類をひとつにまとめクリアファイルにはさみ、封筒に入れて郵送または時間外収受箱に投函しましょう。

[jin-iconbox01]法務局に持参してもいいですが、確定申告をする方で窓口が混み合っていて、長時間またされる可能性があるため、忙しく時間がない方には郵送や投函がおすすめです。[/jin-iconbox01]

おわりに

住宅ローン控除の確定申告で必要な書類を、再度まとめておきます。

  • マイナンバーカードまたは通知カード+身分証明書
  • 源泉徴収票
  • 住宅資金に係る借入金の年末残高証明書
  • 住宅の売買契約書や工事請負契約書
  • 土地の売買契約書
  • 住宅の登記事項証明書
  • 土地の登記事項証明書

あらかじめ、時間に余裕を持って準備しておくと、確定申告の時期に焦ることがなくなりますよ。

[jin-fusen3 text="確定申告が初めての方へ"]
住宅ローン控除を受けるための確定申告の詳しいやり方を、以下の記事で画像付きでご紹介していますので参考にしてみてください。

[box06 title="あわせて読みたい"]【まとめ】住宅ローン控除の確定申告で1番簡単なやり方
[/box06]

-住宅ローン控除

© 2020 きょうさんち Powered by AFFINGER5