テーマ移行中のため表示が崩れています。もうしばらくお待ちください。

楽天ふるさと納税で大量のポイントをゲット!スーパーセールが狙い目!

2018年9月10日

楽天ふるさと納税で大量のポイントをゲット!スーパーセールが狙い目!

たくさんあるふるさと納税サイトの中でも特におすすめなのが「楽天ふるさと納税」。

返礼品が少ないというデメリットはあるものの、実質自己負担の2,000円がゼロ円にできる裏技や楽天スーパーポイントを大量にゲットすることが可能。

でも…

「楽天ふるさと納税で大量のポイントをゲットしたいけど、ちゃんとできるか不安…」

このように悩んでいませんか?

私も初めてふるさと納税をするときは、右も左もわからず不安でした。

そこで、この記事では、2018年9月4日~11日に開催された「楽天スーパーセール」を狙って、楽天ふるさと納税を行い、大量にポイントをゲットした手順や注意点などをまとめてみました。

この記事通りにやるだけで、大量の楽天スーパーポイントがゲットできるので、ぜひ参考にしてみてください!

>>楽天ふるさと納税を見てみる⇒

楽天ふるさと納税で大量のポイントをもらうには?

楽天スーパーセールやお買い物マラソンを狙おう!

楽天ふるさと納税で大量の楽天スーパーポイントをゲットするためには、定期的に開催される下の2つのセールを狙ってください。

・楽天スーパーセール
・楽天お買い物マラソン

※もちろん、セール期間以外でもふるさと納税は可能です。

 

セール期間を狙う理由は、簡単に大量のポイントがゲットできる仕組みになっているからです。

各セールの特徴はこちら↓

[box01 title="楽天スーパーセール"]

  • 100万点以上が半額
  • ショップ買い回りキャンペーン
  • 合計ポイント最大43倍[/box01]

[box02 title="お買い物マラソン"]

  • ショップ買い回りキャンペーン
  • 合計ポイント最大43倍[/box02]

 

どちらのセールも内容はほぼ同じなので、次にくるセールのときにふるさと納税をすることをオススメします。

各キャンペーンにエントリーする

楽天には、エントリー(ボタンを押して参加)するだけでポイントが「〇倍」もらえるなどのキャンペーンを行っています。

その中でも、5と0の付く日に楽天市場でお買い物をして楽天カードを利用すると、ポイントが5倍になるキャンペーンがあります。

 

こちらのキャンペーンにも参加することで、さらにポイントをたくさんもらうことができます。

キャンペーンの内容の確認とエントリーの方法をお伝えしますね。

【STEP1】
楽天市場アプリを開くと「注目イベント」となっているところに、各キャンペーンが表示されます。

下の画像の赤枠が、今回エントリーした「5と0のつく日に楽天カード利用でポイント5倍」キャンペーンです。

こちらをクリック。

 

【STEP2】
次の画面に表示される「エントリーする」のボタンを押す。

「エントリー済みです」となれば完了です。

 

ポイントを増やせるキャンペーンを見つけたら、ドンドンエントリーしていきましょう。

楽天SPUを利用してさらに多くのポイントをゲットする

楽天のSPU(スーパーポイントアップ)プログラムを利用して、さらに大量のポイントをゲットします。

SPUは、Super Point Up program(スーパーポイントアッププログラム)の略で、楽天の各サービスを使うことで、ポイント倍率があがるお得なプログラムです。 各サービスの条件を達成すると、その月の楽天市場でのお買い物がポイントアップ対象になります。

(引用:楽天公式サイト ヘルプ・問い合わせ SPUとは何か?)

 

楽天SPUを最大限利用するために準備してほしいものはこちら↓

・楽天市場アプリ
・楽天カード

この2つをそろえるだけで、簡単に5倍のポイントがもらえるようになります。

 

たとえば、楽天市場で1万円分のお買い物をしたら通常100ポイントのところ、500ポイントもらうことができます。

【STEP1】
楽天市場アプリはこちらから「無料」でインストールしましょう↓

楽天市場

楽天市場

Rakuten, Inc.無料posted withアプリーチ

 

 

【STEP2】
楽天カードを準備します。(すでに持っている方は次へいきましょう)

楽天カードは、楽天ふるさと納税をするときだけ持っていても損はないくらいお得なカードです。

楽天カードの申し込みはたったの5分で完了。

さらに、50万円分のポイント(5,000ポイント)がゲットできます。

>>楽天カードを申し込む(5分で完了)

 

これで、楽天の準備は完了です。準備が整ったら次に進みましょう。

楽天ふるさと納税の手順

1.寄付金額の上限を知る

ふるさと納税は所得や家族構成によって寄付金額に上限があります。

上限を超えると自己負担が2,000円にならないので、まずは寄付金額の上限を知りましょう。

寄付金額の上限は「ふるさと納税還付・控除限度額計算シミュレーション」で簡単にわかります。

2.楽天ふるさと納税で自治体(返礼品)を選ぶ

寄付金額の上限を超えないように、寄付したい自治体(返礼品)を選びましょう。

>>楽天ふるさと納税の自治体(返礼品)を選ぶ⇒

 

あなたの好きな物やお子さんがほしいもの、何でも大丈夫です。

ちなみに私が選んだ返礼品はこちらの4つ↓

 

 

合計で41,000円の寄付をしました。

3.確定申告かワンストップ特例か選ぶ

ひとまず、返礼品を1つ選んだら購入(納税)画面に進んでみましょう。

・寄付金の用途
・ワンストップ特例制度を利用するかどうか

などの必要事項を入力する画面が出てきます。

 

ここで気をつけてもらいたいのが、「確定申告」または「ワンストップ特例」のどちらを利用するかということ。

・寄付先が6つ以上
・そもそも確定申告をする必要がある(住宅ローン控除や医療費控除などで)

 

この2つのどちらかに当てはまる場合は、「確定申告」を選んでください。

当てはまらなければ、確定申告が不要になる「ワンストップ特例制度」を選択しましょう。

ワンストップ特例がわからない方は「【確定申告不要】ふるさと納税でワンストップ特例制度を使うメリット」で詳しくご紹介しています。

 

[chat face="CO09103j.jpg" name="きょう" align="left" border="blue" bg="none" style=""]住宅ローン控除を受けるために、来年(2019年)確定申告をする必要があるから、ワンストップ特例制度はできないんだ![/chat]

4.返礼品が届くのを待つ

楽天ふるさと納税で寄付が完了したら、あとは返礼品が届くのを気長に待ちましょう。

自治体や寄付の混み具合で返礼品が届くまでに1〜3ヶ月かかることがあります。

なにかの諸事情で遅れる場合、楽天ふるさと納税なら遅れる胸のメールが届くので安心です。

5.証明書が届き、ワンストップ特例制度または確定申告をする

9月5日に楽天でふるさと納税をして5日後に、1つの自治体から寄附金受領証明書が送られてきました↓

 

2月15日~3月15日の確定申告に必要となる書類なので、なくさないように気を付けましょう。

※返礼品と証明書の届く順番が前後する可能性があります。

ふるさと納税で約40万円分のポイントをゲット!

楽天ふるさと納税の手順をご案内してきましたが、実際に楽天のポイントがどれだけゲットできたか気になるところですよね?

結果は…

41,000円のふるさと納税をして、約4,000ポイントをもらえる「予定」です!

つまり、40万円分のお買い物をしたのと同じだけのポイントがもらえるんです。

[chat face="CO09103j.jpg" name="きょう" align="left" border="blue" bg="none" style=""]通常なら、410ポイントしかもらえないよ[/chat]

 

4,000ポイントもらえると、自己負担2,000円がゼロになるどころか、さらに得してます。

これが楽天ふるさと納税のすごいところなんです!

[chat face="woman1" name="" align="left" border="gray" bg="none" style=""]4,000ポイントもらえる「予定」なのはどうしてなの?[/chat]

 

楽天市場でお買い物をした場合、ふるさと納税に限らず、獲得ポイントの合計がすぐには分かりません。

すぐに分かるポイントは

・お買い物通常ポイント
・SPU特典ポイント

この2つ。

エントリーした「5と0の付く日は楽天カードご利用でポイント5倍」と「買い回り特典」で獲得できるポイントは後日分かる仕組みになっています。

 

現時点では、2,234ポイントがもらえることになっています↓

 

すべての獲得ポイントがわかったら、追記しますね。

まとめ

2018年9月4日から始まった楽天スーパーセールを狙って、楽天ふるさと納税をして大量のポイントをゲットすることができました。

初めての方でもわかるように、画像をたくさんのせてみたので、参考になればうれしいです。

ふるさと納税をうまく活用して、食費の節約をしてみてくださいね。

-ふるさと納税

© 2020 30歳パパがはじめる節約投資生活 Powered by AFFINGER5