テーマ移行中のため表示が崩れています。もうしばらくお待ちください。

【画像あり】楽天モバイルへMNPで乗り換える方法!わかりやすく解説します

【画像あり】楽天モバイルへMNPで乗り換える方法!わかりやすく解説します

楽天モバイル スーパーホーダイ」は月額1,480円~利用できる話題の格安SIM。

私も3年以上使っていた格安SIM「mineo(マイネオ)」から「楽天モバイル」に乗り換えて大満足しています。

(乗り換えた理由はこちら「mineo(マイネオ)から楽天モバイルに乗り換えた理由と感想。SIM選びで迷っている方必見」でご紹介しています。)

ですが、大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)からMNPを利用して乗り換える場合…

  • 楽天モバイルに乗り換えるときの詳しい手順を知りたい
  • 今の端末をそのまま使い続けることはできるの?
  • 乗り換える時期はいつがいいの?

 

このように悩んでしまいますよね?

結論からお使えすると…

→MNPを利用した楽天モバイルへの乗り換え手順は画像付きで解説
→ドコモ・auならお使いの端末がそのまま利用可能
→乗り換える時期は「月初め〜月中」がおすすめ

そこで、格安SIM初心者の方に向けて、MNPを利用して楽天モバイルに乗り換える方法を画像付きで徹底解説していきます。

ぜひ、参考にしてくださいね。

大手キャリアからMNPで楽天モバイルに乗り換える方法【4つの手順】

楽天モバイルの感想

お使いの携帯番号はそのまま(MNP)で、大手キャリアから楽天モバイルへ乗り換える方法は以下4つの手順でOK。

  1. MNP予約番号を発行
  2. 楽天モバイルを申込む
  3. SIMの差し替え
  4. インターネット接続(APN)設定

ただし、乗り換える時期は「月初め〜月中」に行ってください。(理由は後ほど解説します。すぐに読みたい場合はこちら。)

それでは一つずつ解説していきます。

手順①MNP予約番号を発行

お使いの電話番号を変えずに契約会社を乗り換える「MNP(モバイル・ナンバー・ポータビリティ)」を利用する場合、「MNP予約番号」を発行する必要があります。

発行方法は今契約しているキャリアに電話をするだけ。(キャリアによってはWEBからも可能)

各キャリアの問い合わせ先は、以下のとおり。

■ドコモ

受付時間:9:00~20:00
ドコモ電話から「151」 (無料)

■au

受付時間:9:00~20:00
au携帯電話 / 一般電話共通
フリーコール:0077-75470 (無料)

■ソフトバンク

受付時間:9:00~20:00
ソフトバンク携帯電話から:*5533
フリーコール:0800-100-5533

MNP予約番号の発行は、キャリアから乗り換える時の一番の山場とも言われています。

というのも、MNP予約番号を発行するということは「他社へ乗り換えます!」と宣言しているようなものですよね。

そのため、キャリアは「お得なプランがあります!」などと言って必死に引き止めようとしてきます。

ですが、そこは心を鬼にして振り切りましょう!

お得なプランがあるなら契約時から提案してくれればいいはずですし、仮にお得なプランを提案されても月々のスマホ料金が格安SIMよりお得になることは"絶対に"ありません。

[chat face="CO09103j.jpg" name="きょう" align="left" border="blue" bg="none" style=""]MNP予約番号を発行してほしいことを淡々と伝えましょう。甘い誘惑に惑わされないように![/chat]

 

無事に発行されると、お使いの端末のSMS(ショートメール)宛にMNP予約番号が記載されたメールが届きます。

MNP予約番号は10日前後の有効期限があるので、期限内に乗り換えます。

[jin-iconbox01]
MNP予約番号発行後に考えが変わり、MNPでの乗り換えをしない場合はそのまま放置しても問題ありません。[/jin-iconbox01]

手順②楽天モバイルを申込む

早速、楽天モバイルを申し込んでいきます。

少し長くなりますが、画像付きで細かく解説していきます。

1.楽天モバイルへ申込む

以下のリンク(ボタン)から楽天モバイルの申し込みページへ移動。

\楽天モバイルの申し込みはこちら/
楽天モバイル

2.プラン選択

「お申し込み回線」は、今お使いのキャリアがドコモならドコモ、auならauを選択。

楽天モバイルプラン選択

SIMロック解除済み端末は、どちらのプランも選択可能。

[jin-iconbox01]ソフトバンクから楽天モバイルへの乗り換える場合は「SIMロック解除」が必要です。[/jin-iconbox01]

 
次に「お申し込みタイプ」は、今お使いの端末をそのまま使い続ける「MNP」の利用が前提なので「SIMのみ」を選択。

楽天モバイルお申込みタイプ

「端末保証オプション」は基本不要なので「申し込まない」を選択。

3.SIMタイプ

楽天モバイル スーパーホーダイ」を選択すると必然的に「通話SIM」が選択されます。

楽天モバイルSIMタイプ

4.料金プラン

4つの料金プランの中からどれか一つを選択します。

楽天モバイル料金プラン

申し込み特典として、どの料金プランを選択しても「初月のみ」プランSの料金(1,480円)で利用できます。

例えば、申し込み時はプランL(14GB・4,980円)を選択しても、初月は1,480円でOK。

つまり、大きな通信容量のプランを選んで、余ったデータ容量を翌月に繰り越すという裏ワザもできます。

公式:楽天モバイル料金ページ

 

ただし、1~25日までに必ず「プランS」へ変更してください。

変更しない、または、26日以降に変更した場合、翌月は申し込み時の料金が適用されるからです。
(詳しくは「楽天モバイルへ乗り換えるときは「月初〜月中」を狙え!」で解説しています。)

[chat face="CO09103j.jpg" name="きょう" align="left" border="blue" bg="none" style=""]必ず月の25日までにプランSに変更しましょう![/chat]

5.最低利用期間

※2019年10月1日以降に申し込む方は最低利用期間はなくなりました。

月々の割引が最大1,000円になる「3年」を選択。

[jin-iconbox01]最低利用期間は3年を選択しますが、2年で解約します。詳しく後ほどご紹介します。[/jin-iconbox01]

6.SIMサイズ

今お使いの端末に対応しているSIMカードのサイズを選択。

楽天モバイルSIMサイズ

お使いの端末のSIMサイズは「対応端末」のページから調べることができます。

7.申込み内容の確認

申込み内容を確認し、間違いがなければ、「オプション・サービス選択に進む」をタッチし次へ。

楽天モバイルオプション・サービスを選択

[jin-iconbox01]申込み内容確認画面では、先ほど選択したプランの料金が表示されていますが、初月の請求額はプランS (1,480円)になるのでご安心ください。[/jin-iconbox01]

8.楽天会員ログイン/新規登録

「楽天会員ログイン/新規登録へ」のボタンをタッチし、すでに楽天会員の方は次の画面で「同意する」を選択すると、会員情報が自動で引き継がれ入力されます。

楽天モバイルで楽天会員登録

まだ楽天会員でない方は、新規登録をしましょう。楽天会員になるだけで1,500円割引きになります。(1年目のみ)

[jin-iconbox01]楽天会員は会員費などはすべて無料で、楽天市場を始めとする楽天サービスをお得に利用するうえで必須です。登録はこちら↓
>>楽天会員の登録(無料)[/jin-iconbox01]

9.ご契約者情報の入力

契約者情報、配送日時の指定、お支払い情報などを入力・選択していきます。

楽天モバイルご契約者情報入力

ここで!
お支払い方法に関して、知っておきたい2つのお得なポイントがあります。

  1. お支払い方法を楽天カードにすれば、月々の支払い額×1%のポイントがもらえる
  2. 「楽天スーパーポイント」でも支払い可能

 

[box02 title="①楽天カード払いで1%のポイントGET"]

月々の支払いを「楽天カード」にすれば、支払い額×1%分の楽天ポイントがもらえます。

貯まったポイントは楽天市場のお買い物や楽天のサービスに使えるのはもちろん、楽天モバイルの支払いに充てることも可能。

楽天サービスを"お得"に利用する上では必ず持っておきたいカードです。

まだ「楽天カード」をお持ちでない方は以下から、年会費・発行手数料無料で作成することができます。

この機会に、ぜひ作成してみましょう。

公式サイト:楽天カード

[/box02]

[box02 title="②楽天ポイントでも支払い可能"]

貯まっている「楽天ポイント」でも月々の支払いができるうえに、使い道に困る方も多い「期間限定ポイント」も支払いに充てることができます。

そのため、上手に利用すれば毎月のスマホ料金を全額ポイントで支払うこともできます。

設定は以下の画面から行ないます。貯まっているポイントを「全て」または「一部」から選択できます。

楽天モバイルの支払いに楽天ポイントを利用するか

※後日、変更することも可能。

[/box02]

[chat face="CO09103j.jpg" name="きょう" align="left" border="blue" bg="none" style=""]スマホ料金がポイントで支払えれば、実質0円![/chat]

10.MNPの利用

先ほど取得した「MNP予約番号」を使います。

「他社からお乗り換え(MNP)」を選択し、「MNP対象電話番号」と「MNP予約番号を」入力。

楽天モバイルMNP入力

 

「MNP開通手続き方法」は以下画像のように「ご自宅MNPを利用する〜」必ずチェックを入れてください。

楽天モバイルでチェックを入れる

ここにチェックを入れないと、自動開通の手続きをやってもらえる代わりに、2〜3日間スマホが利用できない期間が生じます。

自動開通の手続きは自宅で簡単にできるので、必ずチェックを入れましょう。

11.本人確認方法

「撮影した画像をアップロード」を選択しましょう。

楽天モバイル本人確認方法

これは免許証などを自分で撮影しアップロードする方法で、手間もかからず一瞬なのでおすすめ。

写真のアップロードは楽天モバイル申込み完了後に行います。

12.ご契約内容の通知方法~申し込み完了

契約内容を「Web」または「書面」のどちらで確認をするか聞かれますが、ここは「Webで確認」でOK。

楽天モバイル通知方法

選択出来たら「お申し込み内容確認へ進む」をタッチ。

申し込み内容を確認し、間違いがなければ「楽天モバイル重要事項説明書」を読みチェックを入れます。

楽天モバイル重要事項説明書
 

お申し込み特典サービス(楽天ひかり・楽天マガジン)は不要であればチェックを外しましょう。

楽天モバイル楽天ひかりなどのオプション

最後に「申し込む」ボタンを押したら、申し込み完了です。

[jin-iconbox03]申し込み完了後「ユーザーID」「ログインID」「パスワード」が表示されるため、スクリーンショットやメモなどで控えておきましょう。[/jin-iconbox03]

13.本人確認書類提出

最後に、画面の指示に従い本人確認書類(免許証)などをアップロードできたら無事完了です。

楽天モバイル本人確認書類提出

[chat face="CO09103j.jpg" name="きょう" align="left" border="blue" bg="none" style=""]少し長くなりましたが、ひとまずお疲れ様です![/chat]

 

早ければ約2~3時間後に本人確認完了のメールが届き、約1〜2日でSIMカードがお手元に届きます。

参考までに、私の場合は以下のようなスケジュールでした。

8月27日 22時8分
楽天モバイル申込み完了

28日 0時57分
本人確認書類確認完了メールが届く

28日 20時13分
商品発送手配完了の連絡

29日
SIM到着〜楽天モバイル利用開始

楽天モバイル申し込みから、たった2日間で手元にSIMが届いたので、あまりの早さにビックリしたほどです。

さて、SIM到着後の手順は次の章で解説しています。
SIMが手元に届いたらいつでもこの記事を見返せるようにブックマークしておくことをおすすめします。

 

[chat face="CO09103j.jpg" name="きょう" align="left" border="blue" bg="none" style=""]ここからは、余談ですが…[/chat]

先ほどの「申し込み日」にもう一度注目してください。申し込み日が27日で「月初め」ではありませんよね。

実は何も知らず「月末」に申し込み、プランL(4,480円)を選択。
課金月(8月)はプランS(1,480円)が適用されたものの、翌月(9月)はプランLの4,480円が請求され大きく損をしてしまいました。

そのため、「私のように何も知らずに申し込んで"損"をする人が1人でも少なくなってほしい!」と思いこの記事を書いています。

大切なことなのでもう一度お伝えしますが、楽天モバイルの申し込みは「月初め〜月中」にしましょう。

手順③SIMの差し替え

楽天モバイルのSIMが届いたら、お使いのスマホの中に入っているSIMと差し替えます。

以下作業はスマホ本体の電源を切り、Wi-Fiが使える環境で行ってください。

iPhoneの場合でご説明します。

[timeline title="ここにタイムラインのタイトル"]
[ti label="STEP01" title="1.既存のSIMを取り出す"]

本体側面に小さい穴があり、細いもので強く押し込むとSIMトレイが出てきます。

楽天モバイル_ iPhoneのSIMカードを取り出す
[/ti]
[ti label="STEP02" title="2.楽天モバイルのSIMと差し替える"]

楽天モバイルのSIMは、以下写真のようにカードにくっついており、ハサミなどを使ってカードから切り離します。

楽天モバイルのSIMカード

※金属部分には触れないように注意しましょう。

切り離した楽天モバイルのSIMと既存のSIMを差し替え、SIMの金属部品が下になるようにセットしてからトレイを押し込み元に戻します。

[/ti]
[/timeline]
 

以上でSIMの差し替え完了です。

手順④インターネット接続(APN)設定

インターネット接続を行うための設定をします。

iPhone本体の電源を入れ、自宅のWi-Fiに接続してから以下作業を行います。

[timeline title="ここにタイムラインのタイトル"]
[ti label="STEP01" title="1.お使いのキャリアのプロファイルの削除"]

「設定」→「一般」→「プロファイル」を選択し、お使いのキャリアのプロファイルを削除します

プロファイルの削除

[/ti]
[ti label="STEP02" title="楽天モバイルのプロファイルをダウンロード"]

「お客様APN設定情報」が記載された紙が、SIMと一緒に同封されています。

楽天モバイルのプロファイル設定

該当するプロファイルを確認したら、SIMと一緒に同封されていた「はじめてガイド」に記載のあるQRコードをスマホのカメラで読み取ります。

楽天モバイルのはじめてガイド

QRコードが小さすぎて読み取れない場合は、以下のリンクからダウンロードが可能です。

APNが「楽天モバイル(rmobile.jp)」の方(申込種別006または007)
プロファイルURL:
https://mobile.rakuten.co.jp/support/apn_setting/B_voice.mobileconfig

APNが「楽天モバイル(rmobile.co)」(申込種別008または009)
プロファイルURL:
https://mobile.rakuten.co.jp/support/apn_setting/C_voice.mobileconfig

APNが「楽天モバイル(a.rmobile.jp)」(申込種別010または011)
プロファイルURL:
https://mobile.rakuten.co.jp/support/apn_setting/au_voice.mobileconfig

 

プロファイルのダウンロードができたら、以下のように画面右上「インストール」→「次へ」→「インストール」でAPNの設定が完了です。

楽天モバイルのプロファイル

[/ti]
[/timeline]

APN設定が無事に完了すれば回線が開通します。いつも通りのインターネット通信やSNSが利用可能になります。

手順⑤「楽天でんわ」の申し込み

楽天モバイル「スーパーホーダイ」のメリットの一つに「10分以内の国内通話が無料」のサービスがあります。

これは、楽天モバイル スーパーホーダイユーザー限定で「楽天でんわアプリ」から電話をすると、10分以内の国内通話が無料になるというもの。

申し込みは簡単で「楽天でんわ」アプリをダウンロードして、画面の指示に従い進めていくだけ。

アプリの無料ダウンロードはこちら↓

楽天でんわ

楽天でんわ

Rakuten Communications Corp.無料posted withアプリーチ

 

申し込みから2~3日後に「楽天でんわお申し込み受付完了のおしらせ」というメールが届きます。

楽天モバイルの契約プラン、使用状況、毎月の支払額などが一目でわかる「楽天モバイルアプリ」も大変便利なので合わせてダウンロードしておきましょう(無料)。

楽天モバイル SIMアプリ

楽天モバイル SIMアプリ

Rakuten, Inc.無料posted withアプリーチ

楽天モバイルへ乗り換えるときは「月初〜月中」を狙え!

楽天モバイルへ乗り換える場合は「月初め~月中」がおすすめです。

なぜなら、乗り換え時期を月末にすると「損」をする可能性があるからです。

特に、楽天モバイル申し込み時に、料金プランS”以外”を選択する予定の方は要注意。

それでは、具体的に説明します。

そもそも、楽天モバイルは以下2つのルールがあります。

  1. 「開通した日=課金月」となり月額料金が丸々発生。(日割り計算ではない)
  2. 25日時点で適用されているプランの料金が請求される

 

また、初月のみ全プラン1,480円になるサービスがあります。

つまり、申し込み時に料金プランS”以外”を選び、25日までにプランSへ変更しないと、翌月は申し込み時の料金プランの金額が請求されます。

(例):8月1日にプランL(14GB・4,980円)を申し込む

①8月25日までにプランS(2GB・1,980円)に変更

8月請求額:1,980円←初月のみプランS料金適用
9月請求額:1,980円←変更後のプランS料金適用
10月請求額:1,980円

②26日以降にプランSに変更

8月請求額:1,980円←初月のみプランS料金適用
9月請求額:4,980円←申込時のプランL料金
10月請求額:1,980円←変更後のプランS料金

このように「プラン変更日」を間違えただけで約3,000円も「損」をします。

そのため、楽天モバイルを申し込むなら「月初め~月中」がおすすめということになります。

楽天モバイルは3年プランを選択し2年で解約するのが一番お得

※2019年10月1日以降の申し込みから「最低利用期間」が撤廃されたことにより「長期割」も無くなりました。

楽天モバイルは契約の年数に応じて割引額が変わる「長期割」があります。

結論をいうと、長期割を3年で契約し2年経った時点で解約するのが、解約料を含めても最もおすすめとなります。

「長期割」の割引額などをまとめましたので、以下の表をご覧ください。

契約年数 割引額 割引期間
1年…0円 ―
2年…500円 2年間
3年…1,000円 2年間

つまり、3年契約を選択しても割引期間は2年しかないため、3年目から月額料金の負担が1,000円増えます。

結果的に、契約解除料金を支払っても2年で解約した方が最もお得になります。

例えば、スーパーホーダイのプランSで3年契約を選択し、2年で解約、3年で解約した場合の、実質の月々支払金額を比べてみましょう。

※楽天会員による500円割引、長期割3年による1,000円割引を適用(2年間)

■2年で解約
月額料金1,480円×24か月+契約解除料9,800円=45,320円
45,320円÷24か月=1,888円 ←実質の月々支払い額

■3年で解約
1~2年目:月額料金1,480円×24か月=35,520円
3年目:2,980円×12か月= 35,760円
35,520円+35,760円÷36か月=1,980円 ←実質の月々支払い額

まとめると、2年で解約した方が月々の支払額が92円お得になります。

同様に、「楽天会員+ダイヤモンド会員」の場合でも、2年で解約した方が175円もお得になります。

「たった数百円の差は気にならないよ。」という方は、3年使い続けてもらってかまいません。

ただ、2年で解約した方がお得なのは知っておきましょう。

まとめ:大手キャリアから楽天モバイルへMNP乗り換えは簡単にできる!今日からスマホ料金の節約を始めよう

最後に、楽天モバイルの特徴をまとめておきます。

  • 楽天会員になるだけで1,480円/月で利用可能(1年間)
  • 10分以内の国内通話が無料
  • 最低利用期間(解約違約金)がない
  • 低速モードでYouTubeなど動画の視聴やSNSが快適にできる
  • 楽天会員SPUでいつでもポイント倍率が+2倍

など、この他にもメリットの多い格安SIM。

普段から楽天サービスをよく利用する方は、楽天モバイルにしなきゃ損なほどです。

少し長くなりましたが、この記事を見ながら楽天モバイルへの申し込みをしてもらえれば、迷うことなく進められます。

ぜひこの機会に、楽天モバイルを利用してみてくださいね。

楽天モバイルの申し込みはこちら↓

\楽天会員なら1,480円から使える!/

>>楽天モバイル

[jin_icon_check color="#e9546b" size="18px"]国内通話10分かけ放題が0円!
[jin_icon_check color="#e9546b" size="18px"]低速でも動画の視聴や写真の閲覧が快適
[jin_icon_check color="#e9546b" size="18px"]SPUで+2倍のポイントがもらえる

 

-固定費の節約

© 2020 30歳パパがはじめる節約投資生活 Powered by AFFINGER5