テーマ移行中のため表示が崩れています。もうしばらくお待ちください。

【新築住宅に4.5畳の和室は必要?】実際に作って分かったメリット

2020年4月30日

新築住宅に和室は必要?実際に4.5畳の和室を作って知ったメリット

  • 4.5畳の和室は本当に必要かな?
  • 洋風の部屋でも和室は合うかな?
  • 新築で4.5畳の和室を作った人の感想や使用方法を知りたい。

このようなギモンにお答えします。

結論からお伝えすると、4.5畳でも和室は作ることをおすすめします。

特に「すでに小さなお子様がいる」「これからお子様が生まれる」のであれば、和室があって良かったと感じられる場面が多いです。

なぜなら、以下のようなメリットがあるからです。

 

  • 家族一緒に寝れる
  • 子供の遊び場
  • 家事スペース
  • 来客時の客間
  • お雛様、五月人形を飾れる

 

私もマイホームを建てるときに、そもそも和室は必要?4.5畳では狭い?と、同じように悩んでいました。

ですが「小さな子どもがいるなら絶対にあった方がいいよ!」と、周りの友達にも言われ、実際に4.5畳の和室を作ったところ…大正解!

そこでこの記事では、実際に4.5畳を作ってわかった「和室を作った方が良い理由」や「メリット」を詳しくご紹介します。

きょう
新築マイホームで和室を作ろうか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

まだ建築会社が決まっていないあなたへ

マイホームの「間取り」を1社だけで作成するのは"キケン"です。

結婚式会場をいくつか下見して決めたように、間取りも複数社に依頼するのが鉄則

タウンライフ家づくり」というサイトを利用すれば、一括で複数のハウスメーカーに「間取り」や「見積り」を依頼してくれ、自宅に郵送してくれます。

しかも”無料”で、しつこい営業なども一切なく、スマホから簡単に申込ができます。

一生に一度の夢のマイホームで失敗したくない方は、ぜひ利用してみてくださいね。

\オリジナルの間取りと見積りが無料で作ってもらえる/
タウンライフ家づくりの無料間取り作成はこちら >

 

 

4.5畳でも和室は必要【4つの理由とメリット】

 

「4.5畳はの和室は小さい?」と思われがちですが、4.5畳でも和室を作ることをおすすめします。

特に「すでに小さなお子様がいる」または「これからお子様が生まれる」のであれば、必要な場面は多々あります。

 

なぜなら…

  1. 家族一緒に寝れる
  2. 子供の遊び場
  3. 家事スペース
  4. 来客時の客間
  5. お雛様、五月人形を飾れる

 

それでは一つずつ解説していきます。

 

①家族みんなで一緒に寝られる

家族みんな一緒に寝られる

 

お子さんが小さいうちは「家族みんなで一緒に寝たい」と考える方は多いですよね。

和室(畳)があれば、布団を引いて川の字になって家族そろって寝ることができます。

 

逆に、小さなお子さんがいて"和室以外"で寝る場合、以下のようなデメリットがあります。

 

  • ベッド寝る場合、寝てる間に落ちる心配
  • お子さんが増えれば大きなサイズのベッドが必要
  • フローリングは床が硬くて寝づらい
  • 冬場はフローリングがよく冷えるので寒い

 

お子さまがいる場合、現実的ではありませんよね。

和室(畳)があれば、お子様のお昼寝にも布団を引いてすぐに寝かせられるので本当に楽です。

きょう
我が家の和室は4.5畳ですが、セミダブルの布団を2枚敷いて広々と寝ています。

 

②子どもの遊び場

小さなお子様はお家の中でも、走り回ったり、飛び跳ねたり、おもちゃを広げたり、投げたり日常茶飯事。

つまり、お子様がのびのびと遊べるスペースが必要になります。(戸建てだからこそできることですよね!)

 

では、和室を「子どもの遊び場」にするとどのようなメリットがあるでしょうか。

 

  • 畳は柔らかいので、子どもが転んだりしてもケガをしにくい
  • 畳は傷ついても簡単に交換が可能(フローリングの貼替え工事は大きな手間や費用がかかる)
  • 急な来客時におもちゃが散らかっていても、扉を閉めて隠すことができる

 

元気でがむしゃらに遊ぶ子どもにはフローリングより和室の方が向いてます。

でも「畳は本当にケガをしにくいの?」と思った方、スポーツの「柔道」を思い出してみてください。

 

強く投げられて叩きつけられても、畳なのでダメージも軽減され、畳も簡単に壊れたりしませんよね。(あれがフローリングでは同じようにいきません。)

 

畳みは競技に使われるほど、丈夫なうえケガもしにくい。つまり、激しく遊ぶお子様の遊び場としても最適なのです。

 

③家事スペースになる

アイロンをかける

アイロンをかける

 

和室は「家事スペース」にも大変身します。

例えば

  • 洗濯物を畳む
  • アイロンをかける
  • 裁縫をする

など、広いスペースが必要な家事をする場合に活躍します。

きょう
フローリングと違って、長時間座っていても足が痛くなりにくいので助かります。

 

④来客時の客間や応接間とになる

来客時の「客間」、お客様をもてなすための「応接間」や、友人や親族が泊まるときの「寝室」にもなります。

 

洋室に比べ、和室は状況に応じた使い方ができるのが大きな特徴。

 

上記の使い方の場合、最低でも4.5畳以上で、他の空間を仕切れる扉があるとより使い勝手がよくなります。

 

⑤お仏壇やお雛様・五月人形などを飾れる

意外と困るのが、季節や行事ごとに飾る必要がある以下のような物。

  • お仏壇
  • お雛様
  • 五月人形

こちらも和室があることで、お部屋の雰囲気に悩むことなく設置できます。

 

特にお仏壇は洋室に置くのはむずかしいですが、和室があれば違和感なくインテリアを損ねることなもありません。

 

五月人形をはじめとする、季節ごとのお祝いグッズも、畳の上に置いたり、床(とこ)の間を作っておけば飾ることができます。

 

新築の和室は4.5畳でも「畳スペース」と考えると取り入れやすい

新築の和室は「畳スペース」と考えると取り入れやすい

 

あらてめて「和室」と聞いてどんな部屋を想像しますか?

 

壁は土壁、い草の畳、立派な鴨井敷居(かもいしきい)、掛け軸があるようなお部屋かな?

 

このような「昔ながらの伝統的な和室」をイメージしていませんか?

 

ここでは一旦、そのイメージは忘れてください。

和室は「畳スペース」=「畳がある空間」とイメージしてください。

 

このように考えると、間取りに取り入れやすく一気にお部屋の中がオシャレに大変身。

 

それでは「畳スペース」はどのようなものか、具体例を出してご紹介します。

い草とは?

ご実家やおじいちゃん・おばあちゃんのお家で「畳のにおいがするな。」と感じたことはありませんか?

あの香りこそが「い草」を使った畳なんです。

 

畳スペースはオシャレでカッコいい【どんなスタイルでも合う】

和室って洋風・モダンな家には合わせづらいよね?

 

と思ったかもしれませんよね。

和室ではなく「畳スペース」と考えると、一気に間取りに取り入れやすくなります。

 

まずは以下の写真をご覧ください。

 

 

まさにこれが「畳スペース」で、近年ではリビングやダイニングに接しているのが大人気。

壁紙はクロスを使うことでお家の雰囲気をくずさず、扉も襖(ふすま)ではなくドアだったり、障子もありません。

参考 リビングの横に和室は必要?仕切りは?メリット・デメリットをご紹介

 

「和紙」の畳なら現代人のスタイルに最適

これまでの畳といえば「い草」を使ったものが主流でしたが、「どうしてもあの香りが苦手」という方も多くいました、

しかし、今では「和紙」素材の畳が登場し、現代人のライフスタイルとの相性抜群なんです。

 

「い草」の畳にはない「和紙」畳のメリット(特徴)をまとめました。

  • 水分を弾く(染み込まない)
  • カビやダニの発生をおさえる
  • い草に比べて耐久性がある
  • 畳の独特な匂いがしない
  • オシャレ(豊富なカラー、へりがない、正方形)

など…

畳は「和紙」素材を使うことで、現代人の生活スタイルに合うように日々進化しているんですよ。

きょう
お子さんが畳の上で水(ジュースやお茶)をこぼしても、染み込まずすぐに拭き取れて本当に助かりますよ。

 

「和紙」畳はダイケンの「ここち和座」がおすすめ

和紙を使った畳は、建築資材メーカーで有名な「ダイケン」が出している「ここち和座」がおすすめです。

 

実際に我が家でも取り入れていますし、Amazonや楽天などで簡単に購入できますよ。

 

「ここち和座」の畳を使った、おしゃれな和室のイメージ写真はこちら↓

(出典:大建工業株式会社 「畳」)

(出典:大建工業株式会社 清流(せいりゅう)カクテルフィット[目積])

 

ダイケンの和紙の畳を使ったおしゃれな空間

(出典:大建工業株式会社  清流〈21小麦色〉)

 

どうですか?とってもおしゃれな部屋に見えませんか。

和室ではなく「畳スペース」と考えるだけで、お家の中のアクセントになり印象が変わりますよね。

きょう
最近は「へり」のない畳が人気ですよ!

 

まとめ:新築に和室を作るのはおすすめ【4.5畳でもたくさんのメリットあり】

この記事では、新築に和室は必要かどうかを、実際に4.5畳の和室を作った感想やメリットなどからご紹介しました。

もう一度、和室のメリットをまとめておきます。

この記事のまとめ

  • 家族でみんな一緒に寝られる
  • 子どもの遊び場
  • 家事スペース
  • 来客時の客間として
  • お仏壇、お雛様などを飾るスペース

 

我が家ではリビングに隣接した4.5畳の和室を作りましたが、大満足。

気軽に大の字になって横になれるし、子どもとちょっとはげしめな遊びもできるし、なんといっても家族みんなで寝れるのは最高です。

和室を独立させず、リビング・ダイニングの一部分として作ったことで、様々な使い道があることに助かっています。

小さなお子さんがいるご家庭だからこそ、和室を取り入れてみてはいかがでしょうか?

この記事が、少しでも参考になれば幸いです。

 

以下の記事もおすすめなので、一度読んでみてくださいね。

参考 【必見】新築完成後に必ずもらえる補助金まとめ。知らないと400万円以上損するかも!?

参考 【マイホーム失敗談】新築注文住宅のエアコン設置で約27万円損した話

参考 【年収380万】住宅ローンはいくらまで借りられる?【この考えはキケン】

 

\ダイケンの和紙畳/おすすめカラーをご紹介

記事内でご紹介したダイケンの「ここち和座」にはたくさんのカラーがあり、お部屋の雰囲気に合わせやすいのもポイント。

数が多すぎて何にしようか悩む方に、「お部屋をおしゃれにするおすすめカラー」を3つご紹介します。

 

 

これ以外にも多数のカラーがあるので、マイホームの雰囲気に合ったあなただけの畳を見つけてみてくださいね。

>>その他のカラーを見たい方はこちら

 

【マイホームの間取りで絶対に失敗・後悔したくない方へ】

希望の間取りのイメージはあるけど、どうやって考えていいかわからない。
一社だけだと騙されるのが心配だから、いくつかの建築会社に間取りの相談や見積りの提案をしてもらいたい。

 

そんなあなたにおすすめなのが「タウンライフ家づくり」です。

タウンライフ家づくり」は、複数の建築会社に「見積り」や「間取り」の作成依頼を一括で行ってくれるサイトです。(すべて”無料”で利用できます。)

 

簡単に「タウンライフ家づくり」の特徴をご紹介すると…

  • 「見積り」「間取り」「土地の紹介」を”無料”で作ってもらえる
  • 厳しい国家基準をクリアした600以上の建築会社だけが登録されている
  • 気になる建築会社を選んだら一括で依頼してくれる

 

さらに「利用満足度」「知人にすすめたいサイト」「使いやすさ」1位を獲得しており、家づくりを考えたらぜひ利用したサイトです。

 

利用方法は以下の3ステップで、5分もあれば完了するのでとても簡単。

  1. タウンライフ家づくり」へアクセス
  2. 建てたい希望エリアを選ぶ
  3. 予算や間取りなどの要望を記入する

 

要望を入力する際に「電話は不要です。」と一言書いておけば、しつこい営業の電話がくることは一切ないので安心して利用できます。

一生に一度のマイホームの間取りで後悔・失敗したくない方は、オリジナルの間取りや見積りを無料で作成してくれる「タウンライフ家づくり」をぜひ利用して、ステキなマイホームを建ててくださいね。

\無料で間取りや見積りを作成してもらえる/
タウンライフ家づくりの無料間取り作成はこちら >

 

-間取り

© 2020 30歳パパがはじめる節約投資生活 Powered by AFFINGER5